文字サイズ

令和3年4月1日県政経営会議の概要

  1. 開催日時:令和3年4月1日(木曜日)15時00分~15時35分
  2. 開催場所:災害対策本部室 危機管理センター2階
  3. 出席者:知事・江島副知事・中條副知事・知事公室長・総合企画部長・総務部長・文化スポーツ部長・琵琶湖環境部長・健康医療福祉部長・商工観光労働部長・農政水産部長・土木交通部長・会計管理者・東京本部長・企業庁長・病院事業庁長・議会事務局長・教育長・監査委員事務局長・警察本部長・防災危機管理監
  4. 議事概要:下記のとおり

年度初めの挨拶

(三日月知事)
 改めまして、新年度スタートしました。ご縁あって、このメンバーで県政の重要な会議を担うことになったので、ぜひ、県民の皆様のために、県民の皆様とともに県政を前に進められるように、しっかりと役割を果たしていきたい。また、目下のコロナ禍のなか、再拡大や、更には変異株の増大等もある。後ほど、ご発言やご報告があるのかもしれないが、明日の本部員会議で対策をさらに徹底していくことになる。折からの苦境にいらっしゃる県民や事業者への支援を含めてしっかりと対応していきたい。
 先ほども職員への新年度訓示で申し上げたが、未来への一歩、未来を創る一歩、未来を変える一歩を踏み出す1年にしよう。その未来とは、人の未来、社会・経済の未来、自然の未来をつくり、また変える一歩を踏み出そうじゃないか。
 人の未来においては、全ての人の命が等しく守られる滋賀をつくろう。特に、心の健康に対するケアとフォローをしっかりやろう。
 また社会・経済の未来においては、つくる力と支えあうことの強化をしよう。産業、医療介護、教育、公共交通といった分野の強化をしよう。自然の未来においては、CO₂ネットゼロの取組を本格的にスタートさせ、取りまとめ、更に進めていく必要があるので、全庁を挙げて取り組んでいくこととする。
 この未来への一歩という文脈の中で、人づくりに力を入れようと申し上げた。今年度から5年間を一つのタームとしてあらゆる資源を人づくりに、様々の分野の人づくりに重点的に取り組む。そういったことにみんなで協力して進めていきたい。早速、今年度始まって早々なんですが、今年度の施策を進めるにあたって、同時に来年度の施策づくりの中でこういったテーマを反映し、打ち出していけるように進めていきたい。全ての施策の土台としてDXがある。こういったことについても共通基盤がつくれる1年にしていきたい。
 最後に申し上げたのは、一緒に働く職員同士、人間であることを大事にしよう。「県庁職員は感情を出せないようにしてるんですか」と、「職場で笑っちゃいけないんですか」と指摘されたことがある。笑いながら仕事ができる職場ばかりではないし、もしかすると、難しい課題に対応し続けているということもあるのでしょう。もしかすると、感情を出しにくい職場の雰囲気になっているのかもしれません。ぜひ、職員一人一人の個性や能力、得意、不得意が尊重され、みんなで助け合い、伸ばしあえるような滋賀県をつくっていきたい。
 ぜひ、みなさん、いろんなことを忌憚なく話し合い、この経営会議でいろんな事が前進させられるように取り組んでいこう。皆さんに協力申し上げて、冒頭の発言とさせていただく。今年度もどうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部企画調整課
電話番号:077-528-3311
FAX番号:077-528-4830
メールアドレス:kikaku@pref.shiga.lg.jp