文字サイズ

廃棄物処理法に基づく産業廃棄物の多量排出事業者による処理計画書および実施状況報告書

廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、その事業活動に伴い多量の産業廃棄物または特別管理産業廃棄物を生ずる事業場を設置している多量排出事業者は、当該事業場に係る産業廃棄物の処理計画書を作成し、次年度にはその実施状況について都道府県知事に報告することとなっています。

滋賀県内における前年度の

  1. 産業廃棄物の発生量が 1,000 t 以上、または
  2. 特別管理産業廃棄物の発生量が 50 t 以上

である事業場を設置している事業者は、本年度の産業廃棄物処理計画書を作成し、当該年度の6月30日までに提出してください。
処理計画書を提出した事業者は、計画年度の次年度の6月30日までに実施状況報告書を提出してください。

《処理計画書・実施状況報告書の作成と提出》

◇様式

様式集(Excel)

◇作成・提出について

○記入要領と記入例

◇参考資料

◇関係法令 廃棄物処理法(多量排出事業者関係規定抜粋)

《処理計画書・実施状況報告書の公表》

提出されました処理計画書および実施状況報告書は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第8条の4の7の規定に基づき次のとおり公表しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。