文字サイズ

滋賀県民の歌

「滋賀県民の歌」は、歌詞を県民から公募し、西条八十氏の補作詞、古関裕而氏の作曲により昭和29年に制定されました。
「滋賀県民の歌」は、戦後復興期の発展しつつある本県の姿や県民の希望を表しており、県民に夢を与えながら親しく歌い続けられています。

県庁前の歌碑

滋賀県庁正面玄関前の「滋賀県民の歌」 歌碑

楽譜

滋賀県民の歌 楽譜

歌詞

滋賀県民の歌蓼沢猟原作/西条八十補作/古関裕而作曲

一、

比良の峯ゆく 白い雲 緑に映える 琵琶の水

機織る町に 稲刈る村に 今日も平和の日はうらら

美しの滋賀 明るき滋賀

讃えん われらの 伸びゆく滋賀を

二、

高い文化の 伝統に 野花も聖(きよ)く 匂う国

漁(すなど)る舟に ベルトの歌に 明日の希望が燃えあがる

美しの滋賀 明るき滋賀

讃えん われらの 伸びゆく滋賀を

三、

力あわせて 弥栄(いやさか)の 楽土を築く 意気新た

かがやく眸(ひとみ) ゆるがぬ決意 進むわれらに 波光る

美しの滋賀 明るき滋賀

讃えん われらの 伸びゆく滋賀を

音源の提供

滋賀県民の歌の音源を下記のファイルよりダウンロードしていただけます。また、ご希望の方にはCDをお送りします。ご希望の方は下記までご連絡ください。

〒520-8577 大津市京町四丁目1-1 滋賀県広報課 広報担当

TEL:077-528-3041

ongen
jasrac

JASRAC許諾第J130419263号