文字サイズ

森づくり普及指導

各種セミナー・森林作業用品の貸出

林業普及センターでは、県民の方々の参画による「県民協働による森林づくり」を推進しています。県民の皆さまを対象に自発的な森づくり支援のためのプログラム提供を行う「森づくり県民講座」、試験研究の成果や最新の林業経営技術の普及を図ることを目的とした「林業技術研修会」等を定期的に開催し、次代の森林づくりを支える人づくりを推進しています。

森づくり県民講座

一般の県民の皆さまを対象として、森林の重要性を知っていただき、森づくりに自発的にかかわっていただくことを支援する講座です。植物や森についての基礎知識から、里山整備や薪づくり、チェーンソーなどの機材の使い方など、さまざまなプログラムを提供しています。

※詳細はリーフレットをご覧下さい。なお内容、定員、申込締切日にご注意下さい。

令和元年度の森づくり県民講座※下記QRコードでしがネット受付サービスの講座申し込みサイトへ移動します。

森づくり県民講座の内容案内です。
しがネット受付サービスの森づくり県民講座申し込みサイトへ移動します。

森林作業用品(普及用品)の貸出

林業普及センターでは、ノコギリ、カマ、ヘルメット等森林作業で必要な物をお貸ししています。対象はボランティア等の団体です。貸出費用は無料ですが、林業普及センターまでの借り受けと返却については、ご自身でお願いします。詳しくは下記「貸出について」をご覧ください。

林木育種・優良種子の生産

生長や形質が優れ、気象害・病虫害に強い木を選抜し、採種園をつくり、この種子を苗木生産者に配布しています。 また、採種園の母樹をさらに優れた品種に替えていくため、次代検定林を設け 遺伝的特性を調べています。

補助事業他

地球温暖化対策や地域のエネルギー利用につなげるために、林地に放置された未利用材の有効活用を拡大させる活動に対する支援を行っています。

森林認証は、独立した第三者機関(認証機関)が一定の基準等に基づき、適切な森林経営や持続可能な森林経営が行われている森林または経営組織などを審査・認証し、それらの森林から生産された木材・木材製品を分別し表示・管理することにより、消費者の選択的な購入を通じて、持続可能な森林経営を支援する取組です。

「適正な間伐のために!」 林業技術普及カードNo.2

スギ・ヒノキ林の本数管理において重要な判断材料となる「樹高」をもとに、適正な平均樹間距離を知るための早見表です。森林整備や自伐型林業等において、正しい樹間距離を知り、適正な間伐を行うための参考としてください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課
電話番号:077-587-2655
FAX番号:077-587-6527
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。