文字サイズ

大規模太陽光発電(メガソーラー)を含む発電事業の推進

大規模太陽光発電(メガソーラー)設備等設置に係る関係法令等窓口について

メガソーラー事業にあたって、大規模太陽光発電設備等を設置する場合、許可申請、事前協議等が必要となる可能性がある関係法令及びその窓口等について取りまとめましたので、参考にして下さい。
事業化に際しては、候補地や建設計画毎に必要な手続きなどが異なりますので、十分にご確認ください。

「事業計画策定ガイドライン」(資源エネルギー庁)

再生可能エネルギー発電事業を円滑かつ確実に実施するためには、発電設備を設置しようとする自治体や地域住民に事業の実施についての理解を求め、地域と共生した形で事業を実施することが重要です。
国では、FIT法およびFIT法施行規則に基づき遵守が求められる事項、および法目的に沿った適切な事業実施のために推奨される事項について「事業計画策定ガイドライン」を策定し、再生可能エネルギー発電事業の円滑かつ確実な実施を進めています。
再生可能エネルギー発電事業者は当ガイドラインに基づき、適正な事業実施に努めてください。

再エネ情報提供システム「REPOS(リーポス)」(環境省)

環境省では、デジタルで誰でも再エネポテンシャルや土地利用規制等に関する情報を把握・活用できるよう、システムで情報が公開されています。
全国・地域別のポテンシャル(太陽光、風力、中小水力、地熱、地中熱、太陽熱)に加え、導入に当たって配慮すべき地域情報・環境情報(景観、鳥獣保護区域、国立公園等)やハザードマップも連携表示されています。

太陽光発電設備等の設置に関する適地等について、参考にしてください。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部CO2ネットゼロ推進課
電話番号:077-528-3091
FAX番号:077-528-4808
メールアドレス:cg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。