文字サイズ

ラムサール条約と琵琶湖/滋賀県で水辺の環境を学ぶには?

ラムサール条約と琵琶湖

滋賀県で水辺の環境を学ぶには? The nature observation center and the nature museum in Shiga

滋賀県内には水鳥や魚、水生植物などの水辺の生物や、生活と水との関わりなど、水辺の環境について楽しく学べる施設がたくさんあります。ここではそのいくつかについてご紹介します。

1.高島市新旭水鳥観察センター

Shin-asahi Waterfowl Observation Center

高島市新旭町饗庭1600-1
TEL0740-25-5803
新旭水鳥観察センターは、琵琶湖畔における野鳥等の観察を通じ、自然保護思想の高揚と野鳥に対する知識の普及、福祉の増進に寄与することを目的に平成元年12月に設立されました。研修室、観察室があり、観察窓のすぐ下で水鳥が観察できます。 

新旭水鳥観察センター(外部サイトへリンク)

2.草津市立水生植物公園みずの森

Aquatic Plant Park ”Mizunomori”

草津市下物町1091
TEL077-568-2332
草津市・烏丸半島の東に広がる、日本でも有数の花蓮の群生。この蓮をはじめ、琵琶湖は数多くの水生植物の宝庫です。草津市立水生植物公園みずの森は、「植物と人、水と人とのふれあい」をテーマにしています。山々にいだかれて豊かな水と緑たち。自然いっぱいの植物園にこころ豊かな時が訪れます。

草津市立水生植物公園みずの森(外部サイトへリンク)

3.滋賀県立琵琶湖博物館

Lake Biwa Museum

草津市下物町1091
TEL077-568-4811(代表)
琵琶湖博物館には琵琶湖の生い立ちや、湖と人の歴史やその関わりを紹介した展示、琵琶湖や世界の淡水魚を集めた水族展示などがあります。常設展示のほかに、毎年様々なテーマで企画展示等も開催しています。

滋賀県立琵琶湖博物館(外部サイトへリンク)

4.琵琶湖水鳥・湿地センター/湖北野鳥センター

Biwako Waterfowl & Wetland Center

長浜市湖北町今西
TEL0749-79-8022
琵琶湖水鳥・湿地センターには、大画面の6面マルチビジョンや展示室があり、写真や解説パネルなどによって「琵琶湖とラムサール条約」などについて学ぶことができます。それに隣接する湖北野鳥センターでは、琵琶湖の水鳥を間近に観察したり、各種の展示コーナーなどがあり、琵琶湖岸の野鳥について学習できます。

琵琶湖水鳥・湿地センター/湖北野鳥センター(外部サイトへリンク)

5.能登川水車とカヌーランド

Notogawa Waterwheel & Canoeland

東近江市伊庭町1269
TEL0748-42-3000
水車資料館の館内には、東近江市能登川地区に残る水車と水車に関する資料の展示室や、水車を利用し、昔ながらの精米作業を実演している臼室があります。公園のシンボルである関西一大きな水車は直径13メートル。園内に流れる小川には、3基の小水車が回り、たくさんの鯉がおり、上流部にはかわいい鴨達の泳ぐ鴨池があります。

能登川水車とカヌーランド(外部サイトへリンク)

ラムサール条約湿地~琵琶湖~

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課 
電話番号:077-528-3483
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp