文字サイズ

早崎内湖再生事業

早崎内湖再生事業について

〔よみがえれ、早崎内湖〕内湖は、琵琶湖固有の動植物にとって重要な場所ですが、干拓や埋め立てなどで次々と消失し、生物多様性の低下などの様々な影響が現れてきました。そのため、県では、平成13年に干拓農地の一部で試験的に湛水し、内湖再生の可能性を探ってきたところ、在来魚種など多様な生物の生息を確認することができました。

県では、コハクチョウなど多くの野鳥が訪れ、ゲンゴロウブナなどの在来魚でにぎわう早崎内湖をめざして、平成29年度から本格的な内湖化工事(平成37年度北区完成予定)を行っています。

内湖の昔と干拓後
内湖再生のイメージ

早崎内湖再生保全協議会

〔早崎内湖再生保全協議会〕

平成15年に設立され、早崎内湖ビオトープの観察会や調査研究、普及活動など実施しています。これまでの活動の様子やイベントの開催案内は、協議会ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖保全再生課
電話番号:077-528-3463
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp