文字サイズ

障害者の文化芸術活動を支える拠点づくり事業

滋賀で人と社会と文化芸術をつなぐプロジェクト“SANPOh”

県では、令和2年3月に策定した「滋賀県障害者文化芸術活動推進計画」に基づき、障害の有無にかかわらず誰もがともに多彩な文化芸術活動に親しみ、活躍できる環境の実現を目指しています。
この実現に向けた取組として、令和3年度から、「滋賀で人と社会と文化芸術をつなぐプロジェクト“SANPOh“(さんぽう)」に取り組んでいます。
(SANPOh=Society and Arts Networking Project in Ohmi)

このプロジェクトは、文化芸術活動と、福祉・教育・国際交流などの地域社会の様々な営みが出会い、つながることによって生まれる多様な価値や豊かさに着目し、このような出会いの場を県内各地に増やしていこうとするものです。
そのため、社会と文化芸術の「つなぎ手」となる方々(文化芸術関係者、福祉関係者、地域の活動者や団体、住民など)をサポートする取組や、市町の文化施設と住民がつながるためのモデル事業を、「文化芸術による共生社会づくりコーディネーター」の企画のもと行っています。

<Facebookページはこちらから>

「文化芸術による共生社会づくりコーディネーター」について

本プロジェクトでは、文化芸術関係者や福祉関係者、地域の活動者などの「つなぎ手」と連携しながら取組を進めていくため、文化芸術と福祉の両分野の知見を持つ人材を「文化芸術による共生社会づくりコーディネーター」として設置しています。
文化芸術による共生社会づくりの取組に関する皆様からの相談にも応じておりますので、困ったことや悩みなど、お気軽にコーディネーターへご相談ください。(個別相談につきましては、「アートと社会の相談室」のページをご覧ください。)

文化芸術による共生社会づくりコーディネーター 藤原 顕太

(一社)ベンチ理事、(特非)舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)理事、(特非)Explat副理事長。
日本社会事業大学福祉計画学科ならびに桜美林大学文学部総合文化学科卒業。(有)ネビュラエクストラサポート勤務、アーツカウンシル東京のアーツアカデミー調査員等を経て、平成29年から令和3年1月まで、(社福)グロー企画事業部において糸賀一雄記念賞音楽祭、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、障害者の文化芸術フェスティバル等の企画運営に携わる。現在は埼玉県を拠点に、舞台芸術の制作や、芸術分野と福祉分野が連携したプロジェクトの企画等を手掛ける。

”SANPOh”の取組について

社会と文化芸術の「つなぎ手」によるネットワークづくり

社会と文化芸術の「つなぎ手」となる方々のゆるやかなネットワークを築くため、オンライン上の対話の場である「トークカフェ」や「焚き火ミーティング」を定期的に開催しています。
また、こうした活動に関する個別の相談支援も行っています。

誰もが参加し楽しめる「場」づくり

障害の有無や国籍の違い、年齢などにかかわらず、誰もが参加し楽しめる内容の文化芸術プログラムを、市町の文化施設等において地域の様々な方々と連携しながら企画、開催しています。


  • ”SANPOh”の取組に関するお問合せ
    • 公益財団法人びわ湖芸術文化財団地域創造部(9:00〜17:00 / 火曜休、祝日の場合は翌日休)
    • 電話番号:077-523-7146
    • FAX番号:077-523-7147
    • メールアドレス:shiga.kyousei2021@gmail.com
  • 文化芸術による共生社会づくりの取組全般に関するお問合せ
    • 文化スポーツ部 文化芸術振興課
    • 電話番号:077-528-3344
    • FAX番号:077-528-4833
    • メールアドレス:sc0001@pref.shiga.lg.jp