文字サイズ

希望が丘文化公園将来ビジョン

1 将来ビジョンの策定の趣旨

希望が丘文化公園は年間80万人以上の方が来園し、そのうち、青年の城や野外活動センター、陸上競技場などの施設の利用者も20万人を超えている中、次のような背景から将来像・方向性を明確にする将来ビジョンを策定することとしました。

  • 昭和47年の開園時には「すぐれた自然環境を保護し、活用し、県民にいこいの場を提供するとともに、広く県民文化、体育の向上に資する」場として設置されましたが、開園後40年以上が経過していることを踏まえ、社会情勢の変化や利用者ニーズの多様化に応え、公園の特性を活かしたより満足度の高い公園づくりが求められています。
  • 今後、東京オリンピック・パラリンピック、本県での国民体育大会をはじめとした大規模なスポーツイベントが開催されるなどスポーツ・健康づくりの機運が高まっています。
  • 国体主会場選定専門委員会から「本来のコンセプトや地の利を活かし、将来のスポーツ推進に向けて施設のあり方や活用方法の検討」が期待されています。

2 希望が丘文化公園将来ビジョン検討懇話会

希望が丘文化公園将来ビジョンの策定にあたっては、希望が丘文化公園の多面的な機能を踏まえ、関係分野の専門家や関係者等で構成する懇話会を設置し、幅広い意見を聴取することとしています。

〇設置要綱、委員名簿

(表)
時期 内容 配布資料
平成27年3月27日 第1回希望が丘文化公園将来ビジョン検討懇話会 結果概要 次第/(資料1)検討懇話会設置要綱/(資料2)策定に向けた進め方/(資料3)将来ビジョン素案
平成27年7月28日 第2回希望が丘文化公園将来ビジョン検討懇話会 結果概要 次第/(資料1)検討懇話会設置要綱/(資料2)経過と今後の予定/(資料3)将来ビジョン案概要版/(資料4)将来ビジョン案/参考資料1)施設の利用状況/(参考資料2)来園者アンケート
平成27年10月30日 第3回希望が丘文化公園将来ビジョン検討懇話会 結果概要 次第/(資料1)経過と今後の予定/(資料2)将来ビジョン案概要版/(資料3)将来ビジョン案

3 希望が丘文化公園将来ビジョン案に対する意見・情報の募集

希望が丘文化公園将来ビジョン案に対する意見・情報の募集を、平成27年8月28日から平成27年9月28日までの間に行いました。
 

4 希望が丘文化公園将来ビジョンの策定

意見・情報の募集結果および希望が丘文化公園将来ビジョン検討懇話会での意見を踏まえ、希望が丘文化公園将来ビジョンを平成27年12月25日に策定しました。
 

お問い合わせ

滋賀県文化スポーツ部文化芸術振興課
電話番号:077-528-3341
FAX番号:077-528-4833
メールアドレス:sc00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。