第72回全国植樹祭推進室しが2022

緑のしずくカーボン・オフセットプロジェクト

第72回全国植樹祭は“しがCO₂ネットゼロ”の大会を目指して、森林がCO₂ネットゼロに果たす役割や、カーボン・オフセットの仕組みを学べる展示物を作りました。「緑のしずくカーボン・オフセットプロジェクト」と名付け、植樹祭関連のイベントで展示しています!

プロジェクトについてご紹介します。

緑のしずくCO₂見える化キット

緑のしずくCO₂見える化キット写真

1.CO₂クイズ

同じ体積の木(丸太)を3種類(スギ、ヒノキ、コナラ)並べ、どの木が一番炭素を貯蔵しているかというクイズです。クイズとともにCO₂についての説明と木の貯蔵量についての説明のパネルを設置しています。

2.CO₂シーソー

このシーソーにはガソリン500mlの模型と木の丸太が乗っています。「ガソリン500mlから排出されるCO₂の量」と「木が貯蔵しているCO₂の量」のバランスをシーソーで表現しました。

さらに、ガソリン500mlから排出されるCO₂の量を、時間や気体の大きさなどいろんな形に変えて展示しています。

3.CO₂吸収量パネル

木のCO₂年間吸収量や、車で琵琶湖一周走った距離で排出されるCO₂の量など、パネルを組み合わせてCO₂や森林について学べます。

緑のしずくカーボン・オフセット募金

さらに「緑のしずくCO₂見える化キット」と一緒に全国植樹祭しがの大会で排出されたCO₂をオフセットするための募金を行っています。200円以上募金いただいた方には、木のしおり(台紙付き)をプレゼントしています。

 

全国植樹祭の関連イベントでこのプロジェクトを行い、CO2ネットゼロに取り組んでいきます!すでにキャラバンで展示を行っており、たくさんの方に興味を持っていただいております。

7月には東京都千代田区にある滋賀県東京本部でも展示していました。

 

イベントにお越し頂いた際は、ぜひ展示をご覧ください!

栗東市キャラバンの写真
栗東市キャラバンの様子
県庁前キッチンカーの写真
県庁前キッチンカーの様子
滋賀県東京本部の写真
滋賀県東京本部の様子
お問い合わせ
琵琶湖環境部 全国植樹祭推進室 招待接遇係 田中
電話番号:077-528-3976
FAX番号:077-528-4891
メールアドレス:zensyoku@pref.shiga.lg.jp
〒520-0807 滋賀県大津市松本一丁目2-1(滋賀県大津合同庁舎6階)

関連リンク

公式FBリンク(別ウィンドウで開く)
クリックで公式Face Bookページにアクセス!(別ウィンドウで開く)
インスタグラムリンク(別ウィンドウで開く)
クリックで公式インスタグラムにアクセス!(別ウィンドウで開く)
youtubeリンク(別ウィンドウで開く)
全国植樹祭公式YouTubeチャンネル開設!要check!(別ウィンドウで開く)

御協賛企業(一部)

滋賀県森林組合連合会
滋賀日産自動車株式会社
公益財団法人イオン環境財団
綾羽株式会社
平和堂(別ウィンドウで開く)
株式会社明豊建設(別ウィンドウで開く)
村田製作所
農林中央金庫大阪支店

山室木材工業株式会社
大原薬品工業株式会社
新木産業株式会社
パナソニック株式会社
シンコー株式会社
滋賀県トラック協会

湖北設計
滝区ササユリの里づくり
シオノギ製薬
大津・南部地域木材供給協議会(別ウィンドウで開く)
トヨタ紡織滋賀株式会社
サントリーホールディング
近畿設計測量株式会社
フォレストアドベンチャー栗東(別ウィンドウで開く)
株式会社市金工業社(別ウィンドウで開く)
滋賀県山林種苗協同組合
株式会社シガウッド(別ウィンドウで開く)
滋賀銀行(別ウィンドウで開く)
関西みらい銀行(別ウィンドウで開く)
滋賀県林業協会
NTT西日本
滋賀県木材協会
日本精工(株)大津工場
日本精工(株)石部工場
日軽パネルシステム株式会社
荒川博之
株式会社丸正
株式会社ベルディア
薪ストーブのたかやま
社会医療法人誠光会
東洋アルミニウム

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」