《教習所を卒業して》適性試験(学科試験免除)の受験手続

はじめに

公安委員会指定の教習所(以下「教習所」といいます)を卒業した方で、学科試験が免除され適性試験(視力、運動能力等)のみを運転免許センター(守山市、米原市)で受験する場合の手続です。

  • 合格した方には、原則当日、免許証を交付します。

学科試験が免除される方

  • 「第一種免許」を取得する場合・・・取得する免許以外の「第一種免許」を現にお持ちの方(原付、小特免許を除く)
  • 「第二種免許」を取得する場合・・・取得する免許以外の「第二種免許」を現にお持ちの方

受験申請ができる方

  • 滋賀県在住の方(住民登録がある方または運転免許証の住所が滋賀県の方)
  • 取得しようとする免許に関して、教習所で教習・検定を受け卒業した方
  • 免許種別毎に定められた受験資格(年齢等)を満たしている方

受験資格をご覧ください。

受験の適否について事前の確認・相談を!

  • 過去の交通違反や事故の経歴により、運転免許試験に合格しても免許証を交付できない場合があります。不安がある方は、受験前に県内の警察署で受験相談(無料)をして確認してください。
  • 病気や身体の障害等により運転に不安がある方は、受験前に県内の警察署または運転免許センターにご相談くさだい。

運転適性相談をご覧ください。

免許取得までの流れ

・運転免許申請書を作成→・免許センターで適性試験受験→・免許証交付

運転免許申請書を作成

【滋賀県内の教習所を卒業した方】
 教習所で申請書を作成します。くわしくは入所された教習所にお問い合わせください。

【滋賀県以外の教習所を卒業した方】
 次のいずれかの方法で申請書を作成し、運転免許センターで受験してください。

  • 申請書をダウンロードする方法・・・ページ内の「申請書のダウンロード」コーナーから運転免許申請書をダウンロードし、自宅などで作成することができます。
  • 滋賀県内の警察署で申請書を作成する方法・・・県内の警察署の窓口に下記「必要なもの」を持参して、運転免許申請書を作成してください。
受付時間等
県内警察署の受付時間
8時30分~16時30分 × ×

*祝日、休日、年末年始の休日(12月29日~1月3日)は受付をしていません。
*警察署での申請は、住所地を管轄する警察署だけでなく、県内のどこの警察署でも受付できます。(交番、駐在所除く)

運転免許センター(守山市、米原市)で受験

  • 運転免許センターで適性試験(視力、運動能力等)を受験してください。
  • 予約は不要です。
  • 祝日、休日、年末年始の休日(12月29日~1月3日)は受付をしていません。
免許センター
受付場所 時間
守山市 午前8時30分~9時00分 × ×
守山市 午後1時00分~1時30分 × ×
米原市 午前8時30分~9時00分 × × × × ×

免許証交付

  • 適性試験に合格した方には、原則当日、免許証を交付します。
  • 免許証交付時刻は下記を参考にしてください。
  • 免許証の交付は、混雑時や不測の事態により、遅れたり後日交付となる場合があります。
免許センター
場所 対象者 免許証交付予定時刻
守山市 午前の適性試験合格者 午前10時30分頃
守山市 午後の適性試験合格者 午後3時00分頃
米原市 午前の適性試験合格者 10時30分頃

必要なもの

*警察署で申請書を作成する際は、[A]の書類を持参してください。
*免許センターで手続当日は、[A][B]の書類が必要です。

[B]運転免許申請書(作成方法は、上記「運転免許申請書を作成」をご覧ください。)

[A]教習所が発行した卒業証明書
*有効期限は、当該技能検定に合格した日から起算して1年です。

[A]運転免許証

[A]仮免許証(お持ちの方)

[A]申請用写真
*縦3cm、横2.4cm、無帽(宗教上又は医療上の理由により顔の輪郭を識別することができる範囲内おいて頭部を布等で覆う者を除く)、無背景、正面、上三分身、申請前6か月以内に撮影されたもの

[B]眼鏡等(必要な方)

[B]印鑑(認印)

[A]運転経歴証明書(免許証では受験資格に必要な免許経歴が確認できない方)

手数料

*下記手数料分の「滋賀県警察関係事務手数料証紙」を警察署又は免許センターで購入してください。

  • 試験手数料(警察署または免許センターでお支払いください)
    ・大型二種・中型二種・普通二種免許・・・1,700円
    ・大型一種・中型一種・準中型免許・・・1,550円
    ・その他の免許・・・1,750円
  • 免許証交付手数料(免許証交付の際に必要)
    ・2,050円(免許種別が増す毎に200円追加)

注意事項

  • カラーコンタクトレンズについて・・・視力矯正機能のないレンズは、適性試験時に外していただきます。また、視力矯正機能の有無にかかわらず免許証写真の撮影時には外していただきます。

■申請書のダウンロード

申請書をお持ちでない方は、あらかじめ運転免許申請書を作成し、運転免許センターに持参してください。
*申請書はダウンロードして作成する方法のほか、滋賀県内の警察署の窓口に「必要なもの」を持参して作成する方法があります。上記「免許取得までの流れ、運転免許申請書の作成」をご覧ください。
【ダウンロード及び作成時の注意】

  • 申請書の種類を間違えないでください。
  • A4サイズでカラーの片面印刷をしてください。
  • 記載例を参考にもれなく作成してください。(黒または青のボールペンで記入、消せるボールペンは不可)
  • ダウンロード申請書の最終ページに掲載されている「必要書類等チェック表」を活用し、必要書類に不備がないようにしてください。

免許センター(守山市、米原市)の試験当日の流れ

*以下は基本的な流れです。混雑時など諸事情により変更される場合があります。

【運転免許センター(守山市)】本館1階

・登録カード作成→・質問票の記入→・試験手数料証紙購入(11番窓口)→・受付(4番、5番窓口)→・適性試験→・免許証交付手数料証紙の購入→・免許証用写真撮影→・免許証交付

【運転免許センター(米原市)】

・質問票の記入→・試験手数料証紙の購入(7番窓口)→・受付(2~5番窓口)→・適性試験→・登録カード作成→・免許証交付手数料証紙の購入→・免許証用写真撮影→・免許証交付

受験資格

  • 第二種免許・・・21歳以上で、現に大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許又は大型特殊免許のいずれかの免許を受けており、これらの免許のいずれかを受けていた期間(免許が停止されていた期間を除く)が3年以上の方
  • 大型免許・・・21歳以上で、現に中型免許、準中型免許、普通免許又は大型特殊免許のいずれかの免許を受けており、これらの免許のいずれかを受けていた期間(免許が停止されていた期間を除く) が3年以上の方
  • 中型免許・・・20歳以上で、現に準中型免許、普通免許又は大型特殊免許のいずれかの免許を受けており、これらの免許のいずれかを受けていた期間(免許が停止されていた期間を除く) が2年以上の方
  • けん引免許・・・18歳以上の方で、現に大型免許、中型免許、準中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二種免許、中型二種免許、普通二種免許、大型特殊第二種免許のいずれかを受けている方
  • 準中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許・・・18歳以上の方
  • 普通二輪免許・・・16歳以上の方

その他

  • 「登録カード」は免許証の偽造・不正使用を防止するためのものです。受験当日に免許センターで作成してください。
  • 「質問票」は、運転に支障を及ぼすおそれのある一定の病気などに関して回答するものです。受験当日に記入してください。

お問い合わせ

滋賀県警察本部交通部運転免許課
電話番号:077-585-1255
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」