満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

HOMEHOMEはじめにはじめに展示室展示室ライブラリーライブラリー平和学習支援平和学習支援貸し出し資料施設概要イベント情報施設概要イベント情報

HOME > 展示室 > 個人体験談【大野黎治良さん】

個人展示「戦場・戦地の人々」

38度線を目指して

-道連れになった歩けないおばあさんを背負い逃避行-
大野 黎治良さん (昭和2年生まれ 甲賀市)

昭和17年、国民学校高等科を卒業した大野さんは、14才で1人、朝鮮に渡り、化学肥料工場に就職しました。






昭和18年12月、
工場の工手養成所 応用化学科2年の時の集合写真






昭和20年8月15日の昼頃、突然、異常なサイレンが鳴り響き、戦争が終結したことを知らされました。会社はソ連の監視下に入り、大野さんは、家も仕事も失いました。

マイナス20度にもなる中で難民生活を強いられ、生きるために農家の手伝いや死体運搬の仕事にも行きました。

大流行した発疹チフスの高熱がやっと治まった大野さんは、引き揚げ団の人たちに紛れ込み、病み上がりの体で、道連れになった歩けないおばあさんを背負って、38度線を越えるまではと山の中を歩き続けました。何度も略奪に遭い、足も腫れて、歩こうとしたら頭のてっぺんまで痛みが走ります。仲間ともはぐれてしまいました。

「ああ、もう、足が動かへん。わしはあのぽつんと浮かんでる雲みたいに1人残されてしもた。」

それでも、思い直して必死になって歩き続け、背中のおばあさんとともにようやく38度線にたどり着きました。

ソ連兵による身体検査が終わった後、「ホロショー」とにっこりした大野さんに、ソ連兵も「ニーホロショー」と答え、大野さんのおしりを軽くたたいていきました。東の方を見ると、星条旗が翻っていました。

昭和21年6月、大野さんは4年ぶりに日本に帰り着きました。

県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」

■お問い合わせ■
滋 賀 県 平 和 祈 念 館 は こちら

滋賀県
東近江市下中野町431番地