診療実績

人工内耳(リ)ハビリテーションの実績

当院では1998年から人工内耳装用児に対するマッピング・言語訓練を行っており、現在98名の人工内耳を使用している患者さんが通院しています。人工内耳交流会の開催を通して装用児やご両親どうしのコミュニケーションを図り、地域の園・学校および聾話学校との連携を通して学習や補装具についてのアドバイスなど、きめ細かくサポートすることを心がけています。

当院の人工内耳装用児・者98名の内訳(2019年8月現在)

手術件数

鼓膜チューブ留置術、扁桃摘出術、アデノイド切除術が大半です。

2018年からは鼓室形成術や声門閉鎖術ができるようになり、徐々に件数が増えています。

手術別診療実績
手術名 2018年 2019年
鼓膜チューブ留置術 159 163
鼓室形成術 9 10
鼓膜形成術 0 1
乳突削開術 3 9
アブミ骨手術 0 2
副耳切除術 3 4
耳瘻孔摘出術 6 20
鼻中隔矯正術 1 0
下甲介粘膜下骨切除術 2 8
アデノイド切除術 74 95
扁桃摘出術 134 152
舌小帯切除術 3 7
唾石摘出術 1 0
気管切開術 1 1
声門閉鎖術 2 7
その他 3 6
合計 401件(160人) 485件(199人)

※鼓膜チューブ留置術は1耳を1件とカウント

※扁桃摘出術は左右2個摘出の場合、2件とカウント

※その他:正中頚嚢胞、下咽頭梨状窩瘻、頚部類上皮嚢腫、鰓弓性瘻孔、顔面血管腫など、小児耳鼻咽喉科領域において稀な疾患の治療を含みます

お問い合わせ

病院事業庁 小児保健医療センター
電話番号:077-582-6200
FAX番号:077-582-6304
ページの先頭へ戻る