警察官以外の職種

滋賀県警察では、警察官以外にも警察事務職員・少年補導職員・科学捜査研究所の研究員・運転免許試験員等、様々な職種の職員がそれぞれの能力を発揮して、活躍しています。ここでは、主に警察事務職員について皆さんにご紹介します。

警察事務職員

警察事務職員とは

事務見開き

警察事務職員は警察における事務を担い、警察組織が円滑に運営されるよう様々な分野で活躍しています。その業務は予算の編成・執行、施設の維持管理、給与・旅費の支給などの会計事務をはじめ、福利厚生、運転免許証の新規交付・更新事務、最新鋭のシステムを駆使し、様々な警察活動を迅速・的確に処理する情報管理事務など、その内容は多岐にわたっています。
警察事務職員は“組織の基盤”として警察官をサポートするとともに、行政面から県民の安全で安心な暮らしの実現を目指し、警察官と肩を並べて、業務に取り組んでいます。
ここからは、3人の先輩からのメーセージをお届けします。

会 計

県民の皆さんと身近に接する「会計課」で必要とされるのは何事にも柔軟に対応すること。遺失拾得物の処理一つとっても、財布や鍵、犬や猫など様々なものが届けられます。遺失者への連絡やデータ入力など業務量は多いのですが、落とし物をしてショックを受けている人のためにも、状況に応じて素早く丁寧に対応するよう心掛けています。
落とし物を返して「ありがとう」と言われるたびに嬉しく、また頑張ろうという気持ちになります。

施 設 管 理

故郷に恩返しのできる仕事をしたいと、県民の安全と安心を守ることのできる滋賀県警察職員の仕事を選びました。
数字や法律等に触れることの多い職務なので、計算処理能力や法律等の解釈能力が必要です。
警察組織という身体を動かすための必要不可欠な血液のような存在として、自分も治安維持の一翼を担っているという使命感をもって働いています。

kawamura2
kawamura4

許 認 可

交通の許認可の仕事では県民の方に分かりやすく説明することができるよう、また気持ちよく帰っていただけるように笑顔での対応を心掛けています。
警察運営を支える仕事を通して滋賀県民の方々がより良い生活を送るための力の一部になれるのがこの仕事の魅力。
強引な申請依頼に対しては、強い心を持って対応することも時には必要です。

yaguchi1
yaguchi2

警察事務職員になるには

警察事務職員になるためには「滋賀県職員採用試験」を受験してください。試験区分は「警察事務」です。
上級試験(大学卒業程度)・初級試験(高校卒業程度)で受験資格が異なります。受験案内を確認のうえ、受験してください。

  • 試験の方法および内容

【上級試験(大学卒業程度)】

  • 第1次試験
    (筆記)
  • 第1次試験
    (口述)
  • 第2次試験
    (論文・口述・適性検査)
  • 最終合格
第1次試験
試験 種目 方法 内容
筆記試験 筆記試験 択一式(2時間) 公務員として必要な社会、人文および自然の各科学、現代の社会に関する知識(知識分野)ならびに文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等に関する能力(知能分野)についての筆記試験(大学卒業程度)47問出題中、知能分野27問を必須解答、知識分野20問の中から13問を選択解答とします。
専門試験 択一式(2時間) 各試験区分に応じて必要な専門的知識および能力についての筆記試験(大学卒業程度)50問出題中40問を選択解答。出題分野:政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、 経済学、経営学、財政学、社会政策、国際関係等
口述試験 口述試験 人物についての個別面接による試験※筆記試験の当日に提出していただく「面接カード」に記入された内容に基づき、面接を行います。
第2次試験
種目 内容
論文試験 識見、思考力、表現力等についての筆記試験(1時間30分)
口述試験 人物についての個別面接および集団討論による試験
適性検査 公務員として必要な適性についての検査

【初級試験(高校卒業程度)】

  • 第1次試験
    (筆記)
  • 第2次試験
    (作文・口述・適性検査)
  • 最終合格
第1次試験
種目 内容
教養試験(50問2時間) 公務員として必要な国語、社会、数学、理科等に関する知識および文章理解、判断推理、数的処理、資料解釈等に関する能力についての筆記試験(択一式、高校卒業程度)
第2次試験
種目 内容
作文試験 文章による表現能力等についての筆記試験(1時間30分)
口述試験 人物についての個別面接および集団討論による試験
適性検査 公務員として必要な適性についての検査

過去の採用試験実施結果

令和元年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

令和元年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 28 9 5 5.6
警察事務(初級) 23 16 4 5.7

平成30年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成30年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 34 18 3 11.3
警察事務(初級) 14 8 3 4.6

平成29年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成29年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 37 13 10 3.7
警察事務(初級) 33 13 3 3.4

平成28年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成28年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 68 16 10 6.8
警察事務(初級) 24 16 7 3.4

平成27年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成27年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 79 21 13 6.1
警察事務(初級) 41 16 4 10.3

平成26年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成26年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 45 8 4 7.4
警察事務(初級) 9 6 2 7.3

平成25年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成25年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 67 14 9 9.2
警察事務(初級) 29 18 4 7.3

平成24年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成24年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 47 7 5 9.4
警察事務(初級) 16 9 3 5.3

平成23年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成23年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 52 7 7 7.4
警察事務(初級) 29 4 4 7.3

平成22年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

平成22年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 54 7 4 13.5
警察事務(初級) 19 12 5 3.8

滋賀県職員採用試験についてのより詳しい情報については滋賀県人事委員会のホームページをご覧下さい。

採用後について

採用後は滋賀県警察学校に入校します。同期生とともに約1ヶ月の研修を受け、その後、各警察署または警察本部所属に配属されます。

  • 昇任試験制度
    警察事務職員にも警察官と同じように昇任試験制度があります。昇任は学歴や年齢に関係なく勤務実績や試験によって決定されます。努力次第で上を目指せる実力主義で、平等にチャンスが与えられています。
  • 基本的な昇任は次のとおりです。
    主事 ≫ 主任主事 ≫ 主査 ≫ 係長 ≫ 専門員 ≫ 課長補佐 ≫ 調査官 ≫ 管理官 ≫ 課長
  • 給与
給与支給額一覧
令和2年4月1日(見込額) 採用時(地域手当を含む)
上級(大学卒) 約203,000円
初級(短大卒) 約178,000円
初級(高校卒) 約167,000円

なお、この給料の額はそれぞれ相当学歴の新規学卒者を例にとったもので、卒業後の職歴がある場合や大学院を卒業されている場合には一定の基準に基づいてこの額に加算されます。また、この他に扶養手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。昇給は原則として毎年1回行われます。

  • 福利厚生について
  • ・共済組合:警察官・警察職員は警察共済組合員となり、民間企業の健康保険・厚生年金制度に相当する共済組合制度の対象となります。
  • ・助成制度:物資の斡旋、貸付制度(一般、医療、住宅など)、見舞金、弔慰金などの給付制度や自己啓発活動に対する助成制度が整っています。
  • ・健康診断:定期的に人間ドッグや定期健康診断を実施し、職員の健康チェックを行っています。
  • ・施設利用:充実した余暇を過ごせるように気軽に利用できる福利厚生施設や会員制スポーツジム、レジャー施設とも契約しています。

少年補導職員・科学捜査研修所の研究員・運転免許試験員等

以下の職種の警察職員については、受験資格に一定の資格等が必要となります。詳しくは試験実施時の受験案内でご確認ください。試験は不定期で実施します。試験実施の情報につきましては採用情報のページで随時ご案内します。

  • 少年補導職員
    少年の非行防止に関する調査、少年事件の調査、少年相談、少年補導、少年の福祉を害する犯罪の予防、少年をめぐる環境浄化等の業務に従事します。
  • 科学捜査研究所の研究
    科学捜査研究所の研究員として、鑑定、検査、研究及び実験に従事します。なお、深夜勤務、交替制勤務等の変則的勤務を伴う場合があります。
  • 運転免許試験員
    各種自動車運転免許に関する学科試験、適性試験、技能試験及び試験の受付等運転免許試験に関する業務に従事します。
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」