電気エネルギー設備科

未来を支える電気のスペシャリストを目指して!

電気は、私たちの生活に欠かすことができません。
当科では、電気を安全で快適に使えるようにする各種基礎的な施工技術および電気工事士として必要な基礎知識と基本技術を学び、電気工事士免状等の取得を目指すとともに、太陽光発電システムを含めた各種電気設備に関する基礎知識・技能の習得を目指します。

  • 期間 6ヶ月
  • 定員 10名×年2回
  • 入校時期 7月、1月
電気エネルギーメインイメージ

対象

  • 電気設備工事職に従事したい方
  • 製造業の生産技術に関連する職業に従事したい方
  • 太陽光発電設備等の施工・保守点検の職業に従事したい方

仕上がり像

  • 一般用および自家用電気工作物の電気設備の施工および保守・点検ができる。
  • シーケンス制御等の制御設備の施工および保守・点検ができる。
  • 太陽光発電設備等の施工および保守点検ができる。

内容

電気エネルギー設備科
科 目 時間数 概 要
電気基礎 30 オームの法則、電力など電気回路の基礎的な知識や計算方法について習得します。 画像1
電気工事基礎 24 電気工事用工具使用方法や各種電線の取扱方および接続方法を習得します。 画像2
シーケンス制御 108 工場などの自動化・省力化機械で利用されているシーケンス制御の回路設計や配線およびプログラマブルコントローラ(PLC)のプログラミングの基礎的な知識と技能を習得します。 画像3
電気工事基本実習 162 基礎的な屋内配線図などの知識およびケーブル工事、金属管工事、合成樹脂管工事、可とう電線管工事、リモコン配線工事、引込み口配線工事、消防設備・防犯設備、通信設備、検査などの基礎的な知識および施工方法を習得します。 画像4
電気工事応用実習 54 受変電設備の機器・器具、各種受変電設備試験方法、系統連系技術の初歩的な知識と技能を習得します。 画像5
CAD技術 54 配線設計、建築構造に関する基礎的な知識およびCADの操作方法の基礎的な知識と技能を習得します。 画像6
その他設備工事 54 住宅配線作業、空調設備などの施工方法の技能を習得します。 画像7
創エネルギー・省エネルギー技術 162 発電設備や蓄電池設備に関する基礎的な知識、電子回路の基礎的実験や工作を行い、半導体の基礎的な知識について習得します。また、太陽光発電設備の基礎的な施工方法、検査方法および、その他の省エネルギーに設備に関する知識と技能を習得します。 画像8
電気基礎
電気基礎(画像1)
電気工事基礎
電気工事基礎(画像2)
シーケンス
シーケンス制御(画像3)
電気工事基本実習
電気工事基本実習(画像4)
 電気工事応用実習
電気工事応用実習(画像5)
 CAD技術
 CAD技術(画像6)
 その他設備工事
その他設備工事(画像7)
創エネ省エネ
創エネ省エネ(画像8)

就職先

  • 電気工事業
  • 配電工事業
  • 電気設備の保守業務等の事業所

就職率

平成30年度(75%)

これまでの就職先

奥山防災(株)、エネサーブ(株)、(株)ナショナルメンテナンス、ブリジストンプラントエンジニアリング(株)、(順不同)

取得できる資格

在校中にチャレンジできる資格

  • 第二種電気工事士
  • 第一種電気工事士
  • 消防設備士(乙種四類、七類)
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 3級技能士(関連職種のうち3級技能検定の実施される作業)

(注意) 任意受験:合格を保証するものではありません。
入校時期によっては、訓練期間中に受験できないものもあります。

受講料

  • 無料です。
  • 教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
お問い合わせ
滋賀県立高等技術専門校米原校舎
電話番号:0749-52-5300
FAX番号:0749-52-5396
メールアドレス:kogisen@pref.shiga.lg.jp