文字サイズ

平成30年度病害虫発生予察注意報第2号果樹カメムシ類

平成30年7月19日 滋賀県

果樹カメムシ類(第1世代成虫)による被害多発のおそれ

  1. 病害虫名:果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ)
  2. 対象作物:果樹(カキ、ナシ、ブドウ等)
  3. 発生地域:県内全域
  4. 発生程度:多
  5. 注意報発表の根拠
    1. フェロモントラップおよび予察灯による果樹カメムシ類の誘殺数は6月第6半旬から急増し、7月第3半旬の誘殺数はフェロモントラップで平年の約2.0倍、予察灯で約3.5倍に達した(図1、2)
    2. 今後、果樹カメムシ類が果樹園に多数飛来し、カキ、ナシおよびブドウ等で吸汁被害が多発するおそれがある。なお、優占種はチャバネアオカメムシ(図3)、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシである。
  6. 防除対策
    1. ネット(6mm以下)のある果樹園では、ネットの裾をペグや土嚢等で固定するとともに、ネットの破損がないか点検する。
    2. 果樹カメムシ類は、気温が高く風の弱い夜に果樹園に飛来する習性がある。果樹カメムシ類の飛来を認めたら早朝か夕方に薬剤を散布する。
  7. 防除上、注意すべき事項
    1. 果樹カメムシ類は局地的に飛来し、集中的に加害する傾向がある。山林に隣接する果樹園や過去に被害を受けた果樹園では特に注意する。
    2. 薬剤の散布にあたっては、ラベルを確認し農薬使用基準を遵守する。
図1
図1:果樹カメムシ類のフェロモントラップへの誘殺数(栗東市荒張)
zu2
図2:果樹カメムシ類の予察灯への誘殺数(栗東市荒張)
チャバネアオカメムシ
図3:ナシ果実上のチャバネアオカメムシ
お問い合わせ
滋賀県病害虫防除所 
電話番号:0748-46-4926
FAX番号:0748-46-5559
メールアドレス:gc70@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。