文字サイズ

平成28年度病害虫発生予察注意報第5号ハスモンヨトウ

平成28年8月30日
滋賀県

ハスモンヨトウによる被害多発のおそれ

  • PDF (PDF:239 KB)

病害虫名:ハスモンヨトウ

  • 1.発生地域:県内全域
  • 2.対象作物:ダイズ、野菜類、花き
  • 3.発生時期:8月下旬以降
  • 4.発生量:やや多
  • 5.注意報発表の根拠
    1. 8月22日~25日にかけて県内全域のダイズほ場で調査を行ったところ、発生ほ場率が69.2%と、過去10年で最も高い(平成18年と同率,図1)。
    2. 8月以降、ダイズほ場において被害葉(図2)が増加傾向にあり、サトイモ等でも幼虫による加害が多数確認されている。
    3. 大阪管区気象台の発表では、向こう1か月の気温は高いと予想されており、今後も発生に好適な状況が続くため、被害の増加が懸念される。
  • 6.防除対策
    1. 若齢幼虫(図3)は葉裏に群がっており、発生初期の捕殺は効果が高い。
    2. 老齢幼虫(図4)に対しては薬剤の効果が劣るので、若齢期に防除を行う。
    3. 成虫は次々に飛来して産卵するので、薬剤散布後も発生状況に十分注意する。
ダイズほ場におけるハスモンヨトウ発生ほ場率の年次推移

図1ダイズほ場におけるハスモンヨトウ発生ほ場率の年次推移

※調査基準日は8月25日(H28年は8月22日~25日に調査)。H28年は26地点(大津南部地域7地点、甲賀地域2地点、東近江地域8地点、湖東地域4地点、湖北地域4地点、高島地域1地点)で各地点2ほ場(計52ほ場)を調査。

ダイズ白変葉(若齢幼虫による食害)
図2ダイズ白変葉(若齢幼虫による食害)
葉裏に群がるハスモンヨトウ若齢幼虫
図3葉裏に群がるハスモンヨトウ若齢幼虫
ハスモンヨトウ老齢幼虫
図4ハスモンヨトウ老齢幼虫
お問い合わせ
滋賀県病害虫防除所 
電話番号:0748-46-4926
FAX番号:0748-46-5559
メールアドレス:gc70@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。