「留守番ボタンをポチっと作戦」で特殊詐欺を予防しよう

令和2年の特殊詐欺被害は、88件でした。

このうち”固定電話”から始まった特殊詐欺は、51で全体の約6割となっています。

固定電話から始まる特殊詐欺被害を予防するため、下記の「留守電ボタンをポチっと作戦」を実践しましょう。

「留守番ボタンをポチっと作戦」!?って何??

留守番ボタンをポチっと作戦とは、滋賀県警察が推奨している特殊詐欺の予防対策です。

この予防方法は、家にいるときでもいつでもご自宅の固定電話を留守番電話設定しておくだけです。

つまり、「留守」というボタンを”ポチっ”と押すだけの簡単な対策です。

『えっ!これだけ!?』『なぜ留守番電話?』

などと疑問に持たれた方もいると思います。

そのような、質問にお答えします。

Q:なぜ留守番電話にしておくといいの?

A:近年の特殊詐欺の特徴ですが、詐欺犯人は、次々と対象者(被害者)に電話をかけて、お金などをだましとろうとします。

そのため余程の理由がない限り、留守番電話にメッセージを入れて、折り返しの電話を待つということをしません。

また、犯人は、自身の声が証拠として残ってしまうことも嫌います。

そのため固定電話を契機とする特殊詐欺や迷惑電話には、留守番電話設定が効果的な対策です。

(※今後の手口として、信用させるために留守番電話にメッセージを残すという手口が発生することは考えられますので、今後の防犯情報にアンテナを張ってください。)

Q:相手に失礼ではないですか?

A:家にいるときに電話に出ないと、相手に失礼と思われる方も多くおられると思います。

 その対処方法として、留守番電話の応答メッセージを自分の声で吹き込んでおくことをおすすめします。

 具体的には、

 『特殊詐欺や迷惑電話防止のため、留守番電話にしております。折り返しますので、お名前、連絡先をお願いします

 とメッセージを吹き込んでおけば、電話をかけてきた人に配意ができると思います。

Q:留守番電話の設定方法は?メッセージの録音方法は?

A:留守番電話の設定方法は、ほとんどの場合、電話機の「留守」というボタンを押すだけで設定ができると思います。

  それでもわからない場合は、機種によって設定方法が異なりますので、一度、電話機の説明書をご確認ください。

 メッセージの録音方法についても、機種によって異なりますので、電話機の説明書をご覧いただくか、ご家族や購入店舗等にご相談ください。

ポチっと作戦・チラシデータ
ポチっと作戦
お問い合わせ
警察本部 生活安全企画課
電話番号:077-522-1231
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」