オークション・ショッピングに関する相談

相談事例

  • オークションサイトで、車の部品を落札し、落札金額を振り込んだところ、相手と連絡が取れなくなってしまった。
  • SNSで、アーティストのコンサートチケットを譲るという書き込みを見つけ、相手とメールでチケットを買う約束をして、お金を振り込んだが、いくら待っても、チケットが届かない 。

1 対応方法

  • 取引相手への連絡
    相手の住所や氏名等が分かっている場合は、内容証明や配達証明を利用して、商品や代金等の返却を求めて下さい。
  • 取引状況の保存
    • 出品状況、落札状況等を表示した画面を保存、印字して下さい。また、代金を振り込んだ際の控え等を保存しておきましょう。
    • 相手との連絡状況(メールの場合は、ヘッダー情報を含めて保存、印字)の経緯が分かるようにしておきましょう。

2 予防策

  • 取引先の情報を鵜呑みにしない
    氏名・住所・電話番号・郵便番号に矛盾がないか、実際に存在しているか確認する。
    他にもトラブルとなっている情報が含まれていないか、オークションの運営会社等に確認する。
  • 料金の支払い方法を検討する
    オークション等に関する相談の多くが、料金を支払ったのに、商品が届かないという相談です。
    オークション等で商品を購入する場合は、後払い式の支払方法が理想です。また、販売者と購入者の間に業者が入り、入金と商品発送を仲介する「エスクローサービス」というサービスがありますので、各オークションサイト内での支払い方法を見て検討して下さい。
    (エスクローサービスは、安全性は高いですが取引に長い時間がかかる場合や手数料が必要な場合があります。詳しくはサービス提供業者にご確認下さい。)
  • 個人取引はリスクが高い
    コミュニティサイトなどで、個人取引を持ちかける書き込み等が多数有り、通常よりも格安であったり、貴重な商品が売りに出されている事があります。
    個人取引の場合には、オークション以上に、トラブルに遭う可能性が高いことを認識し、十分に注意して下さい。

3 相談窓口
内容証明やその他の方法でも連絡が取れない場合、詐欺の可能性が高い場合には、経緯が分かる資料を持参し、最寄りの警察署に相談して下さい。
また、最寄りの警察署へ相談に行く際には、可能な限り事前に連絡をして下さい。

お問い合わせ

警察本部 サイバー犯罪対策課
電話番号:077-522-1231
メールアドレス:spc110@police.pref.shiga.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」