「Emotet」ウイルスの感染が拡大 | パスワード付きのZIPファイルに注意してください

「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙う攻撃メールが多数確認されています。
「Emotet」は、MicrosoftのWordやExcelに悪意のあるマクロプログラムが仕込まれていて、利用者に「コンテンツの有効化」ボタンをクリックさせることで、ウイルスをダウンロードさせて、感染させる手口です。
ウイルス感染すると、メールや重要情報が盗まれたり、それを悪用して別の人に攻撃が行われたりします。
メールの添付ファイルには充分注意してください。
また、「コンテンツの有効化」ボタンは、信用できるファイル以外はクリックしないでください。

コンテンツの有効化ボタンは、安易にクリックしないでください。

メールに添付されたOfficeソフトの「コンテンツの有効化」ボタンを安易にクリックしないでください。
ウイルス感染のおそれがあります。
 

特にパスワード付きのZIPファイルに注意してください

攻撃者は、パスワード付きZIPファイル(圧縮ファイル)に、Word等のファイルを入れて送ってくるケースが多くなっています。
パスワードはメール本文に記されており、ZIPファイルを開くとWord等のファイルが入っているというものです。
ファイルは、パスワードにより暗号化されているため、メール配送経路上でセキュリティ製品の検知・検疫をすり抜ける可能性が高くなります。
 

対策のポイント

  • 身に覚えのないメールの添付ファイルは開かないでください。
  • メール本文中のURLリンクをクリックしないでください。
    (インターネット経由でウイルスがダウンロードされるおそれがあります。)
  • 自分が送ったメールの返信でも不自然な点があれば、添付ファイルは開かないでください。
    (相手のメールが乗っ取られている可能性があります。)
  • 「Word」や「Excel」ファイルを開いたときに、マクロやセキュリティに関する警告が表示された場合、「マクロを有効化する」「コンテンツの有効化」というボタンはクリックしないでください。
    (マクロが実行されるとウイルスがダウンロードされるおそれがあります。)
  • パスワード付きZIPファイルに注意してください。
    (ZIPファイルの中にEmotetが入っているおそれがあります。)
  • 身に覚えのないメールや添付ファイルを開いてしまった場合は、すぐにシステム管理部門に連絡してください。
お問い合わせ
警察本部 サイバー犯罪対策課
電話番号:077-522-1231
メールアドレス:spc110@police.pref.shiga.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」