文字サイズ

内水面漁場管理委員会の指示

滋賀県内水面漁場管理委員会は水産動植物の繁殖保護や漁業調整上必要であれば関係者に対して水産動植物の採捕に関する制限等、必要な指示を出すことができます。現在有効な指示は以下のとおりです。

コイヘルペスウイルス病のまん延防止に関する委員会指示(令和2年11月27日指示第3号)

コイヘルペスウイルス病のまん延防止に関する委員会指示

1 指示の内容

県内の公共の用に供する水面およびこれと連結一体をなす水面からコイを持ち出してほかの水面に放流してはならない。

県内の公共の用に供する水面およびこれと連結一体をなす水面からコイを放流する場合は、採捕したコイを採捕した同一水面へ放流する場合を除き、次のことを遵守すること。

  1. PCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応法による検査をいう)によりコイヘルペスウイルスが検出されなかったことが証明されたコイ群でなければ、コイを放流してはならない。
  2. 生死を問わず、コイを遺棄してはならない。

2 指示の期間

令和2年12月1日から令和3年3月31日まで

にごろぶなの資源回復に係る漁獲規制(令和2年11月27日指示第4号 有効期限なし)

にごろぶなの資源回復に係る漁獲規制

にごろぶな資源を回復させるため、全長22cm以下のにごろぶなを採捕してはならない。また、違反して採捕したにごろぶなおよびその製品は、所持し、または販売してはならない。

ただし、内水面第5種協同漁業を内容とする漁業権もしくは入漁権または遊漁規則に基づいて採捕する場合、徒手採捕、掻網、竿釣りまたは手釣りで採捕する場合はその限りでない。