当センターのCT検査

主な検査

頭部、頸胸部(気管チューブ)、側湾脊椎・股関節の術前

3D処理

現在CT検査では、人体の単なる輪切り画像を表示するだけでなく、得られたデータを元に3D画像を作成し、患部を立体的にわかりやすく表示することができるようになっています。

さらにその3Dデータをもとに人体模型をつくることもできるようになりました。

3Dプリンターで作った人体模型は手術の手順や方法を検討するための材料として使われます。

(左)撮影画像から部位抽出 (右).3D画像作成

3d1

(左).3Dプリント中 (右).実物模型のできあがり

3d2
3d3

参考資料

お問い合わせ
病院事業庁 小児保健医療センター
電話番号:077-582-6200
FAX番号:077-582-6304
メールアドレス:nb02@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る