文字サイズ

女性のためのチャレンジショップ体験

女性のためのチャレンジショップ体験出店者募集チラシ
チャレンジショップ

事業概要

チャレンジしたい女性が、専門のアドバイザーによる助言を受けながら、ショップ企画や仕入れ、接客、商品販売等の実践ができる場を提供します。
自身の出店に興味を持ってもらえるか、どれくらい売れるかなどリサーチできます。
値段設定、ディスプレイ、広報の方法など専門家がその場でアドバイスします。(センターが定める年間5日まで)
同じ日に出店した者同士がつながって、新しい情報を共有できます。出店の前後にも相談ができます。

ただし、当面は新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、以下の条件を設けさせていただきます。

・当面の間、1日につき1店とします。
・当面の間、飲食を伴う出店はできません。
・新型コロナウイルス感染拡大予防のため、出店者が責任をもって対策を講じてください。

応募対象者

滋賀県内に在住または通勤、通学している女性で、この事業の目的を十分に理解し、次のいずれかに該当する個人またはグループ、団体。
センター主催の「女性のチャレンジ支援講座」受講生、または「女性のためのビズチャレンジ相談」を受けた方。(いずれも過去の参加者を含む)
県内市町、各商工会等主催の「創業塾」「起業塾」等の受講生 。(過去の受講者を含む)

出店場所

“G−NETしが”滋賀県立男女共同参画センター内のランチスペース等

区画等については出店者同士で協議の上決定

出店期間と出店内容

2020年4月初日から2021年3月末日までのうち、休所日以外のセンター開所日で出店者とセンターの調整した期間。
オンリーワンの創作品の販売または創作のワークショップ。こだわりの食料品もしくは調理品の販売。有資格者による施術サービスなど。

出店料等

出店時の施設(厨房を含む)および備品の使用料、光熱水費、出店料は無料とするが、交通費、通信費、コピー費等は出店者の負担とする。

チャレンジショップの流れ

1.出店承認申請書(様式1)とコンセプトチェック表(様式2)の提出
厨房を使用する場合は「厨房使用申込書」を併せて提出
2.出店期間の調整
3.出店承認書(様式3)の受領
4.「女性のためのビズ・チャレンジ相談」(以下、「チャレンジ相談」という。)等を受け、計画書の作成および課題・ゴールを設定(初回出店前)
5.出店
6.出店報告書(様式4)の提出。
厨房を使用した場合は、食品衛生自主管理記録表、食品の入荷時点検・購入先記録表、冷蔵庫・冷凍庫温度管理表を併せて提出
7.3か月間のチャレンジを1クールとし、クール内のチャレンジ終了後にチャレンジ相談を受け、ふり返りをする。

送付先住所

〒523-0891
近江八幡市鷹飼町80-4
滋賀県立男女共同参画センター
『女性のためのチャレンジショップ体験事業担当』宛

“G−NETしが”のイベント情報をいち早くキャッチしたい方は、メールマガジンの登録がおすすめです!

トップページ
お問い合わせ
滋賀県立男女共同参画センター”G-NETしが”
電話番号:0748-37-3751
FAX番号:0748-37-5770
メールアドレス:g-net@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。