文字サイズ

心の教育相談センター巡回研修会

趣旨

 本県では、不登校問題は解決すべき喫緊の教育課題となっており、特に、思春期における生徒の発達課題を踏まえ、将来の社会的自立に向けて支援を行うという視点が求められています。
 また、不登校問題の中には、背景に発達障害の影響が見られるケースが少なくなく、教職員が発達障害を正しく理解するとともに、個々の障害の特性に応じた適切な指導や必要な支援について研修を積み重ねていくことが求められます。
 そこで、不登校対応コーディネーターや教育相談担当者等の資質向上を図り、より適切に不登校問題への対応が進められるよう、発達障害と不登校をテーマにした研修会を開催するものです。

対象

開催地域の学校および教育委員会管轄の関係職員

(1)市町立中学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター、通級指導担当教員等で校長が適当と認める者

(2)県立中学・高等学校、特別支援学校中学部・高等部の教育相談担当、不登校対応コーディネーター教員等で校長が適当と認める者

(3)私立中学・高等学校の職員等で、校長が適当と認める者

(4)市町教育委員会事務局の教育相談・不登校対応担当、適応指導教室担当職員等で教育長が適当と認める者

令和元年度

 今年度より、全県を3エリアに分け、全エリアで開催します。各学校や関係機関に案内を送付していますので、参加希望の方は、学校や関係機関を通して申込ください。

日時・会場等

(1)第1回研修会

〈対象地域〉 大津・高島・草津エリア

〈日時〉 令和元年9月27日(金曜日)13:30~16:45

〈会場〉 滋賀県立北大津高等学校

(2)第2回研修会

〈対象地域〉 栗東・守山・甲賀・湖南・近江八幡・蒲生・東近江エリア

〈日時〉 令和元年10月11日(金曜日)13:30~16:45

〈会場〉 滋賀県立守山高等学校

(3)第3回研修会

〈対象地域〉 愛犬・彦根・米原・長浜エリア

〈日時〉 令和元年11月15日(金曜日)13:30~16:45

〈会場〉 滋賀県立虎姫高等学校

*エリアでの参加を原則としますが、都合がつかない場合は、別会場での参加も可能とします。

日程および内容

13:30~13:55 受付

13:35~13:55 希望者のみ授業参観(生徒の様子をご覧いただく機会として)

14:00~14:10 挨拶・日程説明

14:10~15:10 講義「発達障害と不登校問題、そして医療」(仮題)

心の教育相談センター 専門医 久保田 泰考 先生(滋賀大学保健管理センター教授)

15:10~15:30 質疑応答

15:30~15:40 休憩

15:40~16:40 発達障害と不登校問題にかかる公開相談会

心の教育相談センター 専門医久保田 泰考 先生、 心の教育相談センターカウンセラー(臨床心理士)2名

16:40~ アンケート記入

16:45 閉会

平成30年度

第1回 《終了しました》 10月5日(金曜日) 湖南Aエリア(草津市、守山市、栗東市、野洲市、近江八幡市)

  • 草津東高等学校を会場にお借りし、実施しました。17名の方の出席をいただきました。
  • 公開相談会では、高等学校2校、中学校1校から事例を出していただきました。
巡回相談会の写真
久保田専門医からの講義
巡回相談会の写真
久保田専門医、カウンセラーによる公開相談会

第2回 《終了しました》 11月9日(金曜日) 湖東エリア(愛荘町、多賀町、豊郷町、甲良町、彦根市、米原市、長浜市)

  • 河瀬中学・高等学校を会場にお借りし、実施しました。33名の方の出席をいただきました。
  • 公開相談会では、高等学校1校、中学校1校から事例を出していただきました。
巡回相談会の写真
安藤所長の挨拶
巡回相談会の写真
久保田専門医、カウンセラーによる公開相談会

巡回研修会を終了して~参加者の声~

  • (講義) 発達特性があるがゆえに不登校になってしまう、というメカニズムがとてもよくわかりました。学校現場での対応は大変ですが、しっかりアセスメントしていきたいと思いました。
  • (講義) 専門的な内容をたいへんわかりやすくお話しいただき、よかった。睡眠の問題、薬物療法に関してなど、疑問に感じていたことが「そういう難しさを抱えているのか」とストンと落ちました。
  • (講義) 不登校の中に発達障害を抱える子どもがそれなりの率で存在することは、実感しているところである。小中の早い段階で、その子に合った支援をしていく、教育環境を整えていくなどが望まれるが、特に周囲の理解は欠かすことはできない。私たち子どもに関わる者は、これからも学びを深めていかないといけないと思う。
  • (公開相談会) 自校での問題以外の話を実際に聞けたことで、自校でも起こりうるべき問題として考える良い機会となった。その場で専門の先生方の見解をお聞きでき、問題をどう受け止めていくべきか、どのように生徒と接して行けば良いか、解決するヒントを増やすことができたように思う。
  • (公開相談会) いろいろな角度から課題を共有することで、とても勉強になりました。先生方のアドバイスをお聞きし、様々な意見を伺うことで、私達自身も「困り感」に風穴が開くように思います。学校だけで抱え込むのではなく、外部機関、専門家の先生方との連携がとても大切だと改めて感じました。

お問い合わせ

滋賀県心の教育相談センター 滋賀県野洲市北桜(滋賀県総合教育センター内)