文字サイズ

心の教育相談センター巡回研修会

趣旨

 本県では、不登校への対応は喫緊の教育課題となっており、特に、思春期における生徒の発達課題を踏まえ、将来の社会的自立に向けて支援を行うという視点が強く求められています。
 また、不登校の中には、背景に発達障害の影響が見られるケースが少なくなく、教職員が発達障害を正しく理解するとともに、個々の障害の特性に応じた適切な指導や必要な支援について研修を積み重ねていくことが求められます。
 そこで、学校及び各教育機関担当者などの資質向上を図り、より適切に不登校児童生徒への支援が進められるよう、不登校と発達障害をテーマにした研修会を開催するものです。

対象

(1)市町立小・中・義務教育学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター、通級指導担当教員等で校長が適当と認める者

(2)県立中学・高等学校、特別支援学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター教員等で校長が適当と認める者

(3)滋賀大学教育学部附属小・中・特別支援学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター教員等で校長が適当と認める者

(4)私立中学・高等学校の職員等で、校長が適当と認める者

(5)県・市町教育委員会事務局の教育相談・不登校対応担当、適応指導教室担当職員等で教育長が適当と認める者

令和3年度

 今年度の巡回研修会は、昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染予防対策のため、各学校での開催は行わず滋賀県総合教育センターで開催しました。

また併せて、リモート研修として事後にオンライン配信をしました。

日時・会場等

<日時>

令和3年10月12日(火曜日)13:30~16:30

<会場>

滋賀県総合教育センター 新館4階 研修室A

内容

[講義]

滋賀県心の教育相談センター久保田泰考専門医による講義

テーマ『精神医学は不登校を治せないが、役に立たないこともないPart.2

~自閉的ではないASD、集中しすぎるADHD~』

[事例研修]

「不登校事例から学ぶ」

会場の様子の写真
会場の様子
久保田先生の講義の写真
久保田先生の講義
事例研修の写真
事例研修(心の教育相談センターカウンセラー)
事例研修での久保田先生の助言の写真
事例研修(久保田先生の助言)

令和3年度 巡回研修会~当日参加者のアンケートより~

  • <講義>
  • 発達障害について詳しく説明していただきました。ASDの子どもに不登校が多く見られるということも納得できました。どのような困り感を持っているかを見立て、環境改善を図っていくこと、また、将来に向け、自己理解をし、助けを求められるよう支援していく必要性を感じました
  • 年齢が上がるにつれ、特性が見えにくくなることもあり、なかなか気づかれないこともあるのだということが分かりました。それだけに問題が大きくなり、本人も混乱して問題行動や極端な解決法に走ってしまうことも知りました。不登校・不適応についても、特性や発達障害を頭においたうえで本人の想いを聞き取り、環境調整など可能な支援をしていくことが大切だと思いました。
  • 今日学んだキーワードはたくさんあるが、「診断名よりも、その人がどのような場所でどのように困っているのか、しっかり見ることが大切」ということや、「成育歴はやはり大切なので、懇談を丁寧に重ね、真摯な気持ちで聞き取っていこうと思ったこと」「ヘルプを発することのできる子を育てていくことが大切」ということは、職場に持ち帰り、同僚と共有したいと思う。
  • 小中学校では特に大きな課題がなく、高校生、大学生、大人になって困るケース、社会的な要求が高まることで出てくる、というのが興味深かった。
  • 「高次対人状況」という言葉を本日、初めて知りました。急に糸が切れたかのように不登校へ入り込んでしまう背景について、学校現場ではさまざまな状況の把握から、環境の整備など情報をまとめ支援へつなげていく必要性を改めて感じました。
  • <事例研修>
  • 似たケースと照らし合わせて聞くことができ、改めて気付くことがありました。どんなケースも、その人、背景を知り整理すること、情報収集の大事さを再認識しました。SC、SSW、教員等の連携の大事さも改めて分かりました。実際は連携の難しさ、温度差もあり、スムーズにいきにくい場面も多々あるので、関わるそれぞれの立場の人が集まっての意見交換など出来たらいいなと思いました。
  • 事例は本当によくあるものだったので、いくつものケースが思い浮かび、今後、学校がしていくべきことがはっきりしてよかった。早めにその人の困り感に気付き、学級で小さな支援の積み上げをすること、保護者と連携しながら外部とのつながりを作っていくこと等について参考になった。(特に本人に会えなくても)ということについて、とても参考になった。援助希求スキル、断る力、ストレス回避については、小学校のころから段階的に付けたい力だと思う。事例研修のまとめの部分は、さらに勉強になった。
  • 実際の具体的な不登校のケースについて、課題となることや支援として必要になることを教えてもらえてとてもよかった。カウンセラー先生方の経験に基づいた具体的な話が聞けてとても参考になった。
  • 事例についての解説、とても勉強になった。性差や年齢によって現れ方や対応も違うので、答えは一つではないことがよく分かった。
お問い合わせ
滋賀県心の教育相談センター 滋賀県野洲市北桜(滋賀県総合教育センター内)
電話番号:077-586-4301
FAX番号:077-586-4301