文字サイズ

心の教育相談センター巡回研修会

趣旨

 本県では、不登校への対応は喫緊の教育課題となっており、特に、思春期における生徒の発達課題を踏まえ、将来の社会的自立に向けて支援を行うという視点が強く求められています。
 また、不登校の中には、背景に発達障害の影響が見られるケースが少なくなく、教職員が発達障害を正しく理解するとともに、個々の障害の特性に応じた適切な指導や必要な支援について研修を積み重ねていくことが求められます。
 そこで、不登校対応コーディネーターや教育相談担当者等の資質向上を図り、より適切に不登校児童生徒への支援が進められるよう、不登校と発達障害をテーマにした研修会を開催するものです。

対象

(1)市町立小中学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター、通級指導担当教員等で校長が適当と認める者

(2)県立中学・高等学校、特別支援学校小学部・中学部・高等部の教育相談担当、不登校対応コーディネーター教員等で校長が適当と認める者

(3)滋賀大学教育学部附属小・中・特別支援学校の教育相談担当、不登校対応コーディネーター教員等で校長が適当と認める者

(4)私立中学・高等学校の職員等で、校長が適当と認める者

(5)市町教育委員会事務局の教育相談・不登校対応担当、適応指導教室担当職員等で教育長が適当と認める者

令和2年度

 今年度の巡回研修会は、新型コロナウイルス感染予防対策のため各学校での開催は行わず滋賀県総合教育センターでの開催となりました。

日時・会場等

<日時>

令和2年11月12日(木曜日)13:30~16:30

<会場>

滋賀県総合教育センター

新館4階 研修室A

内容

[講義]

滋賀県心の教育相談センター久保田泰考専門医による講義

テーマ『精神医学は不登校を治せないが、役に立たないこともない』

[カウンセリング研修]

・滋賀県心の教育相談センターにおけるカウンセリングの実際

あいさつ
足立統括指導員
「あいさつ」足立統括指導員
カウンセリング研修
心の教育相談センターカウンセラー
「カウンセリング研修」心の教育相談センターカウンセラー
講義
久保田先生
講義テーマ『精神医学は不登校を治せないが、役に立たないこともない』講義中の久保田先生
講義
久保田先生
講義中の久保田先生

令和2年度 巡回研修会~参加者のアンケートより~

  • (講義)精神医学の視点から、不登校問題と発達障害の関係性について学びを深めることができ、たいへん興味深かったです。支援が必要な生徒が“ヘルプ!”を発することができるよう、学校として環境を整えていきたいです
  • (講義)不登校の子どもたちに対して、発達障害特性や困り、また服薬など多くの視点から教えていただき、とても参考になった。不登校支援において、特にASDの子どもたちへの実態を適切に理解することや、他機関との連携、協力を要請し、複数の視点でその子を見立て、サポートしていくことが重要であると感じました。
  • (講義)不登校の現在抱える現状や課題から、背景としての発達障害を抱える生徒の頻度など、分かりやすく教えていただけました。
  • (講義)不登校という現象の背景の一つに発達障害があり、気づかれないことも多いことなど勉強になりました。日常・子どもたちと接する中で、睡眠の問題は気になっていますので、睡眠についてのご講義はもっと聞きたかったです。一人ひとりの子どもをよく見ていくことの大切さを改めて感じました。
  • (カウンセリング研修)事例を用いて具体的にアセスメント、プランニングを考えることができ、非常に参考になりました。本人、保護者に話を聞く時のポイントがよく分かり、プランニングの立て方も実践的で良かったです。明日からの教育相談に活かせるヒントをたくさんいただきました。生徒が将来の自立した生活に向けて、主体的に決めていけるよう環境を整えていきたいです。
  • (カウンセリング研修)連携の難しさを現場で感じながら、個別の支援計画の見直しやケース会議、本人、保護者との信頼関係の構築に、今後も今回の研修を活かしていきたいと思いました。友だちの力は何よりも有効な点は、本当にそうだと現場でも感じています。
  • (カウンセリング研修)アセスメントの手法がとても参考になった。何を聞いて、どこを掘り下げていくべきか、そしてなぜそこを掘り下げる必要があるのか教えていただき、明日から使えそうな内容でありがたかったです。プランニングでも、短期-中期-長期の視点で俯瞰して捉えることの必要性を改めて実感しました。
  • (カウンセリング研修)自分で気になることやプランニングをしてみることで、見えていないものがあることに気づきました。やはり、学校組織で不登校の子一人ひとりについて考え、プランニングし、支援をしていくことが大切であると思いました。本人、保護者とつながり、不登校の子が持つ困り感に気づき、相談しながら社会で生きていけるような適切な支援ができるといいです。
お問い合わせ
滋賀県心の教育相談センター 滋賀県野洲市北桜(滋賀県総合教育センター内)
電話番号:077-586-4301
FAX番号:077-586-4301