平成19年度病院事業会計予算の概要

1.収益的収支予算額

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算 差引
収益合計 16,642,000 16,598,000 △ 44,000
医業収益 13,886,614 13,873,382 △ 13,232
入院収益 8,827,374 8,776,227 △ 51,147
外来収益 3,270,168 3,291,128 20,960
一般会計負担金 1,568,552 1,582,815 14,263
その他 220,520 223,212 2,692
医業外収益 2,540,386 2,491,118 △ 49,268
一般会計負担金 2,269,452 2,201,572 △ 67,880
その他 270,934 289,546 18,612
附帯事業収益 215,000 233,500 18,500
一般会計負担金 186,189 170,001 △ 16,188
その他 28,811 63,499 34,688
費用合計 17,537,000 17,397,000 △ 140,000
医業費用 16,461,925 16,326,330 △ 135,595
給与費 7,586,411 7,589,852 3,441
材料費 3,819,151 3,687,292 △ 131,859
経費 3,026,533 3,018,964 △ 7,569
減価償却費 1,874,870 1,887,176 12,306
研究研修費 154,960 143,046 △ 11,914
医業外費用 860,075 837,170 △ 22,905
附帯事業費用 215,000 233,500 18,500
収支差 △ 895,000 △ 799,000 96,000

2.資本的収支予算額

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算 差引
収入合計 1,265,000 1,033,000 △ 232,000
企業債 801,000 457,700 △ 343,300
負担金 464,000 575,300 111,300
支出合計 2,046,000 1,920,000 △ 126,000
建設改良費 844,231 496,643 △ 347,588
建物費 140,105 38,700 △ 101,405
総係費 1,949 △ 1,949
有形固定資産購入費 697,867 457,943 △ 239,924
無形固定資産購入費 4,310 △ 4,310
企業債償還金 1,201,769 1,423,357 221,588
収支差 △ 781,000 △ 887,000 △ 106,000

平成19年度成人病センター予算の概要

1.重点的取組事項

  • 病院機能の充実強化
    • がん、心臓疾患、脳血管疾患等の3大生活習慣病を中心とした高度専門医療機能の充実強化を図る。 とりわけ、平成18年6月に「がん対策基本法」が制定され死亡原因第1位のがんに対する対策の推進が 強く求められていることから、がん医療の充実・強化を図っていく。
      1. セカンドオピニオンの提示
      2. 地域医療機関との連携強化
      3. 相談支援センターの設置
  • 診療体制の強化
    • 高度専門医療の提供と医療安全の徹底、患者サービスの向上を図るため、医師、看護師をはじめとする人材の確保や資質向上のための取組を強化するとともに、多目的アンギオ等医療機器の更新を行う。 とりわけ看護師については、在職者の離職防止、新卒者の確保、潜在看護師の発掘などの取組により体制整備を図り、7対1看護の導入に向け条件整備を行う。

2.経営指標

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 リハセン
患者1日当たり人数・延べ人数 入院 445.5人/日 162,592人 409.1人/日 149,726人 373.1人/日 136,550人 36.0人/日 13,176人
外来 979.3人/日 239,930人 921.6人/日 225,788人 891.6人/日 218,438人 30.0人/日 7,350人
1人1日当たり単価見込み 入院 45,466円 48,419円 50,507円 26,783円
外来 10,764円 11,463円 11,610円 7,098円
平均在院日数 18年度上期 16.6日 目標 16.0日
新入院患者数 18年度上期 673人/月 目標 680人/月
紹介率 18年度上期 43.4% 目標 45.0%
逆紹介率 18年度上期 38.4% 目標 42.0%

3.収益的収支予算額

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 リハセン
収益合計 12,767,500 12,579,500 11,877,723 701,777
医業収益 11,226,002 11,102,291 10,683,509 418,782
入院収益 7,392,486 7,249,568 6,896,675 352,893
外来収益 2,582,721 2,588,315 2,536,145 52,170
一般会計負担金 1,059,509 1,068,817 1,066,486 2,331
その他 191,286 195,591 184,203 11,388
医業外収益 1,541,498 1,477,209 1,194,214 282,995
一般会計負担金 1,302,070 1,230,550 947,555 282,995
その他 239,428 246,659 246,659
費用合計 13,705,000 13,429,800 12,726,841 702,959
医業費用 13,017,896 12,760,907 12,067,941 692,966
給与費 5,478,725 5,442,170 4,966,397 475,773
材料費 3,348,297 3,185,919 3,137,310 48,609
経費 2,400,174 2,316,845 2,201,077 115,768
減価償却費 1,615,415 1,629,467 1,589,213 40,254
研究研修費 129,745 118,058 111,803 6,255
本部費配賦額 45,540 68,448 62,141 6,307
医業外費用 687,104 668,893 658,900 9,993
収支差 △ 937,500 △ 850,300 △ 849,118 △ 1,182

4.資本的収支予算額

建設改良事業の内容

  • 医療機器等の整備
    • 頭・腹部血管造影撮影装置(多目的アンギオ)の更新 177,300千円
    • その他の機器整備 156,700千円
  • 直流電源装置蓄電池取替工事 8,500千円

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 リハセン
収入合計 1,073,500 780,300 780,300
企業債 704,000 309,500 309,500
負担金 369,500 470,800 470,800
支出合計 1,727,500 1,533,500 1,497,242 36,258
建設改良費 737,961 342,500 342,500
建物費 133,012 8,500 8,500
総係費 1,949
有形固定資産購入費 603,000 334,000 334,000
企業債償還金 989,539 1,191,000 1,154,742 36,258
収支差 △ 654,000 △ 753,200 △ 716,942 △ 36,258

平成19年度小児保健医療センター予算の概要

1.重点的取組事項

  • 診療体制の充実強化
  • 一般病院では対応できない障害児医療、小児慢性・難治性疾患を中心とした医療機能の充実強化を図る。
  • また、近年の小児疾病構造の変化により、心の病気・発達障害等の分野における高度専門医療の提供が求められることから、これらの診療機能の充実を図る。
  • ア 医師の確保
  • イ 発達障害に関する研修会の開催
  • ウ 職員の専門能力の向上
  • 地域との連携強化
  • 保健サービスを併せ持つ病院として精密健診に基づく診断・治療とともに、紹介患者を中心とした三次医療を展開していくことが当センターの使命であることから、病診連携をはじめとする地域連携を積極的に進める。
  • ア 地域医療研修会の開催
  • イ 登録医制度の創設
  • ウ 小児在宅看護に対する支援の充実強化

2.経営指標

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
病院 病院
患者1日当たり人数・延べ人数 入院 73.0人/日 26,645人 70人/日 25,620人
外来 184.0人/日 44,712人 194.0人/日 47,530人
1人1日当たり単価見込み 入院 36,000円 41,800円
外来 11,400円 10,756円
平均在院日数 18年度上期 16.1日 目標 19.0日以内
新入院患者数 18年度上期 111人/月 目標 120人/月
紹介率 18年度上期 27.0% 目標 30.0%

3.収益的収支予算額(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 保健指導部 療育部
収益合計 2,379,500 2,494,300 2,134,610 126,190 233,500
医業収益 1,716,010 1,826,818 1,700,628 126,190
入院収益 959,220 1,070,916 1,070,916
外来収益 509,716 511,228 511,228
一般会計負担金 236,661 235,980 110,752 125,228
その他 10,413 8,694 7,732 962
医業外収益 448,490 433,982 433,982
一般会計負担金 441,911 428,005 428,005
その他 6,579 5,977 5,977
附帯事業収益 215,000 233,500 233,500
一般会計負担金 186,189 170,001 170,001
その他 28,811 63,499 63,499
費用合計 2,350,000 2,457,000 2,097,310 126,190 233,500
医業費用 2,044,874 2,136,206 2,010,016 126,190
給与費 1,128,904 1,157,805 1,064,853 92,952
材料費 379,984 406,564 406,564
経費 397,346 440,261 408,518 31,743
減価償却費 113,402 106,336 106,336
研究研修費 14,981 13,786 13,123 663
本部費配賦額 10,257 11,454 10,622 832
医業外費用 90,126 87,294 87,294
附帯事業費用 215,000 233,500 233,500
収支差 29,500 37,300 37,300 0 0

4.資本的収支予算額建設改良事業の内容

  • 医療機器等の整備

X線撮影装置の更新 11,652千円手術室用手術台の更新 10,439千円その他の機器等整備 21,452千円(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 保健指導部 療育部
収入合計 113,000 117,000 115,257 1,000 743
企業債 38,000 38,000 38,000
負担金 75,000 79,000 77,257 1,000 743
支出合計 184,000 188,300 186,557 1,000 743
建設改良費 41,800 43,543 41,800 1,000 743
有形固定資産購入費 41,800 43,543 41,800 1,000 743
企業債償還金 142,200 144,757 144,757
収支差 △ 71,000 △ 71,300 △ 71,300 0 0

平成19年度精神医療センター予算の概要

1.重点的取組事項

  • 精神科における専門的治療
    • 県民の精神医療を担う中核施設として思春期精神障害、アルコール・薬物の中毒性精神障害、身体疾患を伴う精神障害、処遇困難例などの専門治療および救急医療の実施に重点を置き取り組む。また、医療機関として患者の安全を図っていく。
  • 社会復帰の促進
    • 回復途上の精神障害者に対して生活機能の回復訓練を行い、社会復帰施設等との連携に努めて、早期の社会復帰、社会参加を促進する。
  • 精神保健福祉センター等との連携
    • 当センターは、診療部門および社会復帰部門の2部門で構成されているが、精神保健福祉センター等の行政機関や地域医療機関等関係機関との連携の強化を図る。

2.経営指標

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 社会復帰部
患者1日当たり人数・延べ人数 入院 90.5人/日 33,032人 88.0人/日 32,208人 88.0人/日 32,208人
外来 116.5人/日 28,299人 123.3人/日 30,200人 100.0人/日 24,500人 23.3人/日 5,700人
1人1日当たり単価見込み 入院 14,400円 14,150円 14,150円
外来 6,280円 6,344円 6,040円 7,650円
平均在院日数 18年度上期 98.6日 目標 110.0日以内
新入院患者数 18年度上期 25.2人/月 目標 24人/月
紹介率 18年度上期 27.9% 目標 30.0%

3.収益的収支予算額

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 社会復帰部
収益合計 1,430,800 1,450,500 1,335,532 114,968
医業収益 880,402 873,004 758,036 114,968
入院収益 475,668 455,743 455,743
外来収益 177,731 191,585 147,980 43,605
一般会計負担金 208,182 206,749 135,386 71,363
その他 18,821 18,927 18,927
医業外収益 550,398 577,496 577,496
一般会計負担金 525,471 543,017 543,017
その他 24,927 34,479 34,479
費用合計 1,417,800 1,436,500 1,321,532 114,968
医業費用 1,334,955 1,355,517 1,240,549 114,968
給与費 859,432 850,117 769,174 80,943
材料費 90,870 94,809 92,614 2,195
経費 221,797 241,583 211,070 30,513
減価償却費 146,053 151,373 151,373
研究研修費 9,666 9,666 9,079 587
本部費配賦額 7,137 7,969 7,239 730
医業外費用 82,845 80,983 80,983
収支差 13,000 14,000 14,000 0

4.資本的収支予算額

建設改良事業の内容

  • 医療機器等の整備
    • 病院情報システム(オーダリングシステムおよび医事会計システム)の整備 74,000千円
    • その他の機器整備 6,400千円
  • 病院建物設備改修工事等
    • 公共下水接続工事 15,700千円
    • 電話交換設備改修工事 8,600千円
    • その他の工事 5,900千円

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
合計 病院 社会復帰部
収入合計 78,500 135,700 135,700
企業債 59,000 110,200 110,200
負担金 19,500 25,500 25,500
支出合計 134,500 198,200 198,200
建設改良費 64,470 110,600 110,600
建物費 7,093 30,200 30,200
有形固定資産購入費 53,067 80,400 80,400
無形固定資産購入費 4,310
企業債償還金 70,030 87,600 87,600
収支差 △ 56,000 △ 62,500 △ 62,500 0

平成19年度経営管理課予算の概要

1.重点取組事項

  • 看護師確保対策の充実強化
    • 県民に良質かつ安全で満足のいく医療サービスを提供するためには、医師、看護師をはじめとする医療従事者の安定した確保が必要であり、現在特に不足する看護師の確保対策を充実強化する。
      • 看護師確保対策の3本柱
        1. 在職者の離職防止
          • メンタルヘルス相談事業
        2. 潜在看護師の発掘、病院現場復帰の促進
          • 在宅看護師発掘ネットワーク制度の創設
          • 育児休業者研修事業の実施
          • 各種広報媒体の活用
        3. 新卒者の確保
          • 看護師養成機関へのリクルート活動
          • 就職フォーラムへの参加等
  • 経営改革の推進
    • 「県立病院中期計画」を基本としつつ、公共性と経済性を最大限に発揮した病院運営を図るため、県立3病院とともに病院経営改革を推進する。

2.収益的収支予算額

(単位:千円)

(表)
項目 平成18年度当初予算 平成19年度当初予算
収益合計 128,400 163,400
医業収益 128,400 160,969
一般会計負担金 64,200 71,269
本部費配賦額 64,200 89,700
医業外収益 2,431
費用合計 128,400 163,400
医業費用 128,400 163,400
給与費 120,539 141,342
経費 7,288 20,505
研究研修費 573 1,553
収支差 0 0

*医業収益のうち本部費配賦額は、各センターが職員数に応じて按分して経営管理課経費を負担するものであり、病院事業会計全体としては収益とはなりません。医業費用のうち本部費配賦額相当額については、各センターにおいても費用に計上されています。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」