文字サイズ

平成28年度病害虫発生予察注意報第1号麦類赤かび病

平成28年5月12日
滋賀県

麦類赤かび病多発のおそれ

コムギ赤かび病
  • 1.病害虫名:赤かび病
  • 2.対象作物:麦類
  • 3.発生地域:県内全域
  • 4.発生程度:やや多
  • 5.注意報発表の根拠
    1. 4月中旬から5月上旬にかけて、赤かび病の感染に好適な気象条件が続いた。この時期に県内の大半の麦類は出穂~開花期を迎えており、赤かび病に感染しやすい状況であった。
    2. 大麦では平年より5日早く、小麦では平年より10日早く赤かび病の発病が認められている。
    3. 5月5日付け大阪管区気象台の1か月予報では、気温は高く、降水量は平年並または多いと予想されており、発病に適した気象が続く見込みである。
  • 6.防除対策
    1. ほ場ごとに発病状況が異なるため、各ほ場の状況に応じて追加防除を行う。
    2. 薬剤は県農作物病害虫雑草防除基準を参照のこと。薬剤の散布にあたっては、ラベルを確認し、農薬使用基準を遵守する。特に、収穫前日数に注意が必要である。
お問い合わせ
滋賀県病害虫防除所
電話番号:0748-46-4926
FAX番号:0748-46-5559
メールアドレス:gc70@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。