文字サイズ

平成28年度病害虫発生予察注意報第4号穂いもち

平成28年7月28日
滋賀県

穂いもちの防除は確実に!

穂いもち
  • 1.病害虫名:イネいもち病(穂いもち)
  • 2.対象作物:水稲
  • 3.発生時期:7月下旬以降
  • 4.発生地域:県内全域
  • 5.発生量:やや多
  • 6.注意報発表の根拠
    1. 7月25~27日に行った調査において、40地点200ほ場での発生地点率は87.5%、発生ほ場率は67.5%と高く、全県的に葉いもちの発生が増加している。
    2. 葉いもちの発病程度は平年に比べて少ないものの、一部地域では、葉いもちが上位葉にも進展し、ずり込み症状も認められた。
    3. 向こう1か月の気象予報では、降水量は平年並または多く、日照時間は平年並または少ないと予想されていることから、穂いもちの発生に好適な条件となる可能性は極めて高い。
  • 7.防除対策
    1. 葉いもちの発生にはほ場間差が大きいため、ほ場をよく確認し、適期に防除する。粉剤、液剤(水和剤・乳剤等)は穂ばらみ期~出穂期に散布する。穂いもちの発生が多い時は、さらに穂揃期~乳熟期にも防除する。粒剤は種類により施用時期が異なるため、ラベルをよく読んで適期に散布する。
    2. 薬剤は県農作物病害虫雑草防除基準を参照のこと。なお、薬剤の散布にあたっては、ラベルをよく確認し、使用基準を遵守する。
  • 8.その他
    1. 薬剤を散布する時は周囲に飛散しないよう注意する。
    2. 散布後1週間は落水やかけ流しをしない。
    3. 粒剤を施用する場合、湛水状態とする。
お問い合わせ
滋賀県病害虫防除所
電話番号:0748-46-4926
FAX番号:0748-46-5559
メールアドレス:gc70@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。