文字サイズ

リハビリテーションセンターの紹介

センター整備の目的

本県のリハビリテーションの質的向上を図っていくためには、地域リハビリテーションや総合的リハビリテーションを推進し、地域と県全域をつなぐ支援のネットワークづくりや、利用者本位の一貫したサービスを総合的に提供できる体制の整備などを行うことが重要であり、県立リハビリテーションセンターは、こうした県リハビリテーション施策の主要な事業として平成18年度に整備されました。
平成25年度からは、旧県障害者更生相談所の身体障害者更生相談部門が県立リハビリテーションセンターのグループとして加わり、地域リハビリテーション提供体制の構築を目的とした支援や、専門的なリハビリテーション医療の提供などを総合的に行います。

センターの特徴

  • 地域を主体としたリハビリテーションサービス提供体制を支援する拠点
  • リハビリテーションにかかる総合的なマネジメントを実施する拠点
  • 専門的リハビリテーションサービスを提供する拠点
  • 先駆的なリハビリテーションを推進する拠点

施設のご案内

支援部門:事務室、相談室、研修室、図書資料室等を完備。
医療部門:外来診療は、診察室、処置室、待合、受付 病棟は、回復期リハビリテーション病棟40床、特殊浴槽対応浴室、病棟訓練室等を完備 療法室は、理学療法室、作業療法室、言語聴覚療法室、心理室等を完備

リハビリテーションセンターの構成

構成図

リハビリテーションセンター支援部門

支援部門では、さまざまな活動を通じて一貫性のあるリハビリテーション体系の確立を目指しています。支援部門では、関係機関・施設・団体などとの協働により、教育・研修、情報の収集・提供、交流などの面から、各種事業を行います。また、障害のある方やご家族だけでなく関係者・住民の方に対しても、生活や社会活動のために、適切な時期に適切なサービスを受ける必要があることを理解していただけるよう啓発活動も行います。
こうした活動により、障害のある方やご家族だけでなく関係者・住民の方などのリハビリテーション活動の活性化を目指します。

支援部門の運営の3つの柱

  • 医療・教育・職業・社会リハビリテーションの統合
  • リハビリテーション活動の活性化
  • リハビリテーション理念の普及

支援部門の事業

  1. 体制の形成に向けて:総合リハビリテーションの推進に向けた会議や学会の開催等により、理念の普及や理解の促進を目指します。
  2. 実務の推進に向けて:地域リハビリテーション広域支援センターの活動を支援するとともに、関係機関や施設の従事者との連絡調整などを進めることにより、リハビリテーションの連携を促進します。また、各種相談支援やリハビリテーションに関する調査・研究を行います。
  3. 基盤の育成に向けて:医師、セラピスト、看護師等を対象とした専門研修・実技研修などや県民の方への啓発を行うとともに、当事者団体活動への支援や情報提供などを行います。
  4. 総合的な相談体制構築に向けて:平成25年度より、更生相談係が設置されました。18歳以上の身体に障害のある方の相談に応じるとともに、必要により医学的、心理学的判定等を行い、市町あるいは県の健康福祉事務所と協力して、指導や援助を行います。

関係機関との支援体制イメージ

連携図
研修会の様子

リハビリテーションセンター医療部門

医療部門は、病棟の開設とあわせて外来診療、理学療法・作業療法・言語聴覚療法・リハビリに関する心理的アプローチなどにより、専門的リハビリテーション医療の提供を行います。
総合リハビリテーションを実践する上で、一人の障害のある方のあらゆる問題に関わり、包括的に多職種によるチームアプローチを行います。
また、県全域を対象とする三次保健医療圏のリハビリテーション専門病院として、県立成人病センターが業務を担い、地域の関係機関や施設との連携により障害のある方の地域生活への円滑な移行を進めます。

医療部門の運営の3つの柱

  • 専門的リハビリテーション医療の提供
  • チームアプローチの連携
  • 地域の関係機関・施設との連携

外来・入院

医療部門を受診される場合には、原則地域の病院・診療所等からご紹介が必要になります。また、入院は、診察ののち入院審査会の判断により決定されます。
また、退院に向けての家庭・施設訪問の実施や地域の関係機関の方が参加するカンファレンスなども行います。

医療部門の流れ

医療部の流れ
お問い合わせ
滋賀県立リハビリテーションセンター 
電話番号:077-582-8157
FAX番号:077-582-5726
メールアドレス:eg30@pref.shiga.lg.jp