文字サイズ

茶業指導所試験研究内容

みんなで築く「おいしいオーガニック茶」産地育成事業

有機栽培茶の需要が高まる中、色鮮やかでおいしい有機栽培茶を安定的に生産するための病害虫防除技術や肥培管理技術の開発に取り組んでいます。

 

 

1.有機栽培技術における高品質茶生産技術の実証

有機JAS認証に対応した病害虫防除とせん枝を組み合わせた防除体系や、春肥重点施肥と苦土肥料施用を組み合わせた施肥体系など、有機栽培技術における高品質茶生産の実証に取り組んでいます。また、県内普及品種の有機栽培への適応性について検証しています。

一番茶後せん枝試験風景

茶栽培をサポートする情報発信の高度化とリアルタイム計測システムの検証

ホームページによる生育予測等の情報発信の精度向上と迅速化、効率化を図るため、現行の予測・推定手法の改良に取り組んでいます。また、ほ場センサーや通信機器を利用することでリアルタイムに計測データを収集し、そのデータに基づいた炭疽病発生予測、土壌中無機態窒素濃度推定技術を開発するとともに、システム導入の実用性、経済性および導入効果の検証に取り組んでいます。

1.情報発信のためのチャ生育予測、耐凍温度推定手法の高度化

一番茶生育予測の精度向上のため、予測パラメータ(起算日、積算温度、基準温度)を再検討しています。また、積算温度を利用した冬芽耐凍温度の推定手法の検討に取り組んでいます。

2.リアルタイム計測システムの検証とその活用技術の開発

リアルタイム計測データを収集し、各種予測・推定(一番茶生育、害虫ふ化時期、耐凍温度)の精度を検証しています。さらに、葉濡れセンサーによる炭疽病発生予測技術、土壌センサーによる土壌中無機態窒素濃度推定技術の検証に取り組んでいます。

リアルタイム計測システム

茶葉の低温保管システムの開発と作期拡大を可能とする新品種の育成

農研機構、静岡県および鹿児島県と共同で、経営面積拡大によって集中の進んだ作期を拡大するため、生葉保管システムの開発と中晩生品種の育成・利用に取り組んでいます。

滋賀県では「かぶせ茶」産地として、中晩生品種を用いた長期被覆栽培による摘採期延長技術に取り組んでいます。

長期被覆栽培の様子

その他の試験研究

  • 茶系統適応性検定調査
  • 新農薬連絡試験
  • 病害虫発生予察調査
  • 作況調査
  • 気象観測調査
系適