血液・リウマチ科

診療内容と特色

血液・リウマチ外来では小児のリウマチ・膠原病疾患に重点をおいて診療を行っております。関節が腫れる患者さん、不明熱・周期熱で困っている患者さん、免疫が弱く感染症を繰り返す患者さんの診療を得意としております。関節に関しては当院の整形外科と連携して専門性の高い医療を提供いたします。

2010年4月より非常勤医師として京都大学小児科免疫アレルギーグループの医師が月1回診療しております。受診ご希望の方でお急ぎの場合は、当院総合内科外来(月~金、受付時間8時30分~11時30分、予約不要)をまず受診してください。当日担当医が診察し、必要な検査等を行ったうえで血液・リウマチ外来へ紹介します。

主な対象疾患

リウマチ・膠原病疾患

  • 若年性特発性関節炎(JIA)
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
  • 若年性皮膚筋炎(JDM)
  • シェーグレン症候群
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 混合性結合組織病
  • 血管性紫斑病
  • 血管炎症候群(高安動脈炎等)
  • 強直性脊椎炎
  • ベーチェット病
  • 慢性再発性多発性骨髄炎(CRMO)

自己炎症性疾患

  • PFAPA(周期性発熱・アフタ性口内炎・咽頭炎・リンパ節炎症候群)
  • クリオピリン関連周期熱症候群
  • 家族性地中海熱
  • TRAPS
  • メバロン酸キナーゼ欠損症

原発性免疫不全症

  • 重症複合型免疫不全症
  • ブルトン型無ガンマグロブリン血症
  • 低ガンマグロブリン血症
  • 慢性肉芽腫症
  • ウィスコット・アルドリッチ症候群
  • 高IgE症候群
  • 分類不能型免疫不全症
  • 慢性皮膚粘膜カンジダ症

主な検査

  • 末梢血リンパ球サブセットの測定
  • 遺伝性血液疾患の遺伝子診断
  • 原発性免疫不全症の機能検査、遺伝子診断
  • 自己炎症性疾患の診断
  • 各種画像検査

スタッフ

鬼頭 敏幸医師<愛知学院大学薬学部教授>

専門医資格・その他の所属等
専門医資格 日本小児科学会認定医、日本血液学会専門医・指導医、日本リウマチ財団登録医、感染症制御ドクター
所属学会・役職 日本小児科学会、日本小児血液学会、日本小児がん学会、日本感染症学会、日本小児リウマチ学会、日本造血細胞移植学会、日本臨床腫瘍学会、米国血液学会、米国癌学会、米国癌治療学会

井澤 和司医師<京都大学小児科>

専門医資格・その他の所属等
主たる専門 小児リウマチ・膠原病、自己炎症性疾患、原発性免疫不全症、小児アレルギー
専門医資格 日本リウマチ学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本小児科学会専門医・指導医
所属学会・役職 日本免疫不全・自己炎症学会(PIDJ委員)、日本リウマチ学会、日本小児リウマチ学会、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児科学会、日本人類遺伝学会、日本カウンセリング学会 、ヨーロッパ免疫不全学会(ESID)、ヨーロッパ小児リウマチ学会

お問い合わせ

病院事業庁 小児保健医療センター
電話番号:077-582-6200
FAX番号:077-582-6304
ページの先頭へ戻る