畜産技術振興センター

新着情報

畜産技術振興センターは、環境との調和にこだわった安全・安心で良質な畜産物の生産を推進するため、畜産農家の生産現場に直結する実用的な技術開発と、その普及・指導に努めています。

特に水田を基軸とした飼料イネや飼料用米の利用による耕畜連携や、和牛放牧など地産の資源を有効に利用していくための「循環型畜産」の研究に取り組んでいます。
また、本県特産の「近江牛」「近江しゃも」の改良・増殖・育成などの生産事業も行っています。

さらに、場内の一部に「自然・家畜・人がふれあう牧場」として“ふれあい広場”を開設し、県民の皆様に牧歌的な雰囲気の中で家畜たちとふれあい、動物のぬくもりを肌で感じていただいています

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」