文字サイズ

役務・委託等の電子入札化のご案内

滋賀県では、すでに建設工事および物品調達に係る電子入札を導入していますが、役務・委託等の調達分野においても新たに電子入札を導入することとしました。
当該システムの概要および利用開始等について下記のとおりお知らせしますので、今後のシステムの円滑な運営にご理解、ご協力をいただきますようお願いします。

役務・委託案件に係るシステムの利用開始日等

1.利用開始日

平成25年10月1日(火曜日)以降に公告する入札案件から利用を開始します。
※システムで執行できない案件については、現在と同様、県ホームページで入札公告を行うとともに、「紙入札書」により入札を行います。
※利用いただくシステムは、すでに物品関係の入札等で利用しているシステムです。(9月30日までは、当該システムでの役務・委託案件に係る公告等はありません。)

2.平成25年10月1日以降利用いただくホームページ

システム対象の案件:「物品・役務電子調達システム(外部サイトへリンク)」システム対象以外の案件:「
システム対象以外の案件:「物品購入・委託等入札公告一覧」(現在と同様、左記ページで公告を行います)

システムの概要等

1.対応するOSおよびIEのバージョン

  • OS:WindowsXP、WindowsVista、Windows7
  • ブラウザ:InternetExplorer6、InternetExplorer7、InternetExplorer8、InternetExplorer9
  • 新しいOSおよびブラウザのバージョンが公開された際には速やかに対応を図ります。また、入札等の案件の「閲覧」では、OSについてはMacOS(Xv10.6以降)、ブラウザについてはFirefox(3.6以降)、Safari(4.0以降)でも表示が可能です。

2.電子化する案件

入札案件のみが対象です。随意契約案件については対象外です。(現在、平成26年秋頃の導入に向け検討中です。)

3.対応する電子証明書の種類

電子で入札する際には電子証明書が必要となります。対応する電子証明書は民間認証局が発行するものです。詳しくは下記ページをご覧ください。
電子入札コアシステム開発コンソーシアム「コアシステム対応認証局お問い合わせ先一覧」ページ(外部サイトへリンク)(ただし、商業登記に基づく電子認証制度には対応していません。また、各市町村窓口で発行される公的個人認証サービスの電子証明書も利用できませんのでご注意ください。)なお、当面、紙入札書の持参または郵送による提出も可能としますので、電子証明書がなくても入札に参加いただくことは可能です。

4.現在の県ホームページによる入札公告等と比べた場合のメリット

  • 案件が公開されると、地域要件および営業種目等の参加条件を満たす方に、メールにより通知されるため、案件を見落とすことが防止できます。
  • 案件の公開後、仕様等に変更があった場合、変更のあったことが画面上に表示されわかりやすくなります。
  • 落札金額、落札者がシステムで公表されるため、県に問い合わせる必要がなくなります。
  • 入札書提出に要するコスト(人件費、交通費、郵便代等)が削減できます。

導入説明会について

8月22日(木曜日)(米原市内会場)および8月29日(木曜日)(大津市内会場)において、競争入札参加資格者名簿に「役務」で登録されている方を対象に、システムの操作方法および注意事項等に関する説明会を開催します。
説明会の詳細および参加申込の方法については、「システム導入説明会のご案内」のページをご覧ください。
(注)「物品」と「役務」の両方の営業種目に登録されている方で、すでに物品関係の入札等で本システムを利用されている場合は、新たなパソコンの設定や操作方法等は必要としません。

お問い合わせ

1.入札制度に関することについて

滋賀県会計管理局管理課財務管理担当〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号電話番号077-528-4310 FAX番号077-528-4920メールアドレス
メールアドレスka00@pref.shiga.lg.jp

2.システムに関することについて

滋賀県会計管理局管理課エコオフィス担当
〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号
電話番号077-528-4314 FAX番号077-528-4920
メールアドレスka10@pref.shiga.lg.jp
なお、今後、システムに係る情報については、滋賀県ホームページおよびメール等で随時提供します。(http://www.pref.shiga.lg.jp/nyusatsu/buppin/buppin/index.html