ホームページ広告の禁止表現と制限事項

ホームページ広告の禁止表現

  1. 閲覧者の意思に反した動きをしたり、誤解を与えたりするおそれがあるもの
    (例)「閉じる」、「キャンセル」等の表現、ラジオボタン等
  2. 閲覧者に不快感を与えるおそれがあるもの
    (例)高速に点滅するイメージ、高速に振動するイメージ、コントラスト(明度差)が強い画面の反転表示等
  3. 実際には機能しないもの
    (例)入力できるように見えるテキストボックス、下に選択肢があるように見えるプルダウンメニュー等
  4. テキスト広告において、半角カナおよび特定の機種に依存する文字を使用するもの
  5. その他広告の表現として適当でないと県が認めるもの

ホームページ広告の制限事項

  1. イメージ等の点滅は、その間隔を原則として0.4秒以上とする。
  2. 画面の反転表示および大部分の領域の切り替えは、その間隔を原則として2秒以上とする。
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」