ゴールボール

競技情報

写真:柔道

概要

ゴールボールは、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りボール(1.25kg)を転がすように投球し合って味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点し、一定時間内の得点の多少により勝敗を決するもの。

【コート】

コートの大きさは、18m×9m(バレーボールのコートと同じ広さ)。

ライン...幅5cmのラインテープの下にたこ糸を入れ、手や足で触ってわかるようになっている。

ゴール...高さ1.3m×幅9メートル。

ボール...重さ1.25kg×周囲76cm(バスケットボールとほぼ同じ大きさ)。

アイシェード...スキーのゴーグルタイプで、完全に光が入ってこないように作られている。また目を保護する。

【試合時間】

正規時間(レギュラータイム):12分ハーフ(前半12分・後半12分)、ハーフタイム3分延長戦(オーバータイム):3分ハーフ(前半3分・後半3分)、ハーフタイム3分のゴールデンゴール方式(どちらかが得点した時点で終了)で行う。エクストラスロー:延長戦でも決着がつかない場合は、1対1のエクストラスローで勝敗を決める。

関連団体ホームページ

メールアドレス

競技紹介動画

『日本ゴールボール協会』副会長の西村秀樹さんに、ゴールボールの基本的なルールをわかりやすく動画で解説していただきました。映像はこちら。

ゴールボール競技紹介/守山ゴールボール・西村秀樹さん

しがスポーツSTORY

「しがスポーツSTORY」でもゴールボールをご紹介しています。ぜひご覧ください。

→しがスポーツSTORY #004 ゴールボール

お問い合わせ

文化スポーツ部 スポーツ課
電話番号:077-528-3361
FAX番号:077-528-4841
メールアドレス:sports@pref.shiga.lg.jp

©Shiga Prefectural Government. All Rights Reserved.