○滋賀県教育委員会職員被服貸与規程

平成11年4月1日

滋賀県教育委員会教育長訓令第5号

滋賀県教育委員会職員被服貸与規程

(趣旨)

第1条 この訓令は、職員に貸与する被服について必要な事項を定めるものとする。

(被服の貸与)

第2条 教育長は、職務の性質上被服の損耗が甚だしい職員または保健衛生の見地から被服の着用を必要とする職員で別表に掲げる職務を行う者に作業のための被服を1着貸与するものとする。ただし、教育長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。

(再貸与)

第3条 職員は、貸与された被服が著しい損傷等により使用に耐えられなくなり、新たな被服の貸与が必要となった場合は、所属長に申し出なければならない。

2 前項の規定による申出を受けた所属長が、被服の損傷の程度を確認し、必要と認めた場合は、教育長は、新たな被服を職員に貸与するものとする。

(返納)

第4条 職員は、前条第2項の規定により新たな被服を貸与されるときは、使用に耐えられなくなった被服を教育長に返納しなければならない。

2 職員は、職員でなくなったときは、貸与された被服を教育長に返納しなければならない。

(被服の保全)

第5条 貸与された被服は、貸与の対象となった業務に従事するときに着用するものとし、常に善良な管理者の注意をもってその保全に努めなければならない。

(被服貸与カード)

第6条 所属長は、被服貸与カード(別記様式)を作成し、被服貸与の状況を常に明らかにしておかなければならない。

第7条 この訓令の施行に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

付 則

1 この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現に貸与されている被服については、この訓令の規定により貸与された被服とみなす。

付 則(令和2年教育長訓令第9号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

付 則(令和3年教育長訓令第9号)

1 この訓令は、令和3年10月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際現にある改正前の別記様式による用紙は、当分の間、所要の調整を加えて使用することができる。

別表(第2条関係)

(一部改正〔令和2年教育長訓令9号〕)

分類

職務

被服の消耗が甚だしい者

(1) 図書館等における蔵書の整理、点検等の業務

(2) 道路交通法(昭和35年法律第105号)に基づく自動車の運転免許を受けて、専ら自動車の運転等を行う業務

(3) 調理および炊事を行う業務

(4) 農場管理、家畜飼育等の業務

(5) 文書および物品の送達、校舎の清掃等の業務

(6) 機械類の操作、保守点検等の業務

(7) 薬品、試料等を扱い、各種の実験および実習の補助等を行う業務

(8) 寄宿舎において、生徒等の生活指導等を行う業務

(9) 前各号に定めるもののほか、教育長がこれらの業務と同程度の業務と認めるもの

保健衛生の見地から被服の着用を必要とする者

職員および生徒等の健康管理業務において保健衛生の見地から清潔を保つために被服の着用を必要とする業務

(一部改正〔令和3年教育長訓令9号〕)

画像

滋賀県教育委員会職員被服貸与規程

平成11年4月1日 教育委員会教育長訓令第5号

(令和3年10月1日施行)

体系情報
第14編 育/第2章 教育委員会
沿革情報
平成11年4月1日 教育委員会教育長訓令第5号
令和2年3月31日 教育委員会教育長訓令第9号
令和3年10月1日 教育委員会教育長訓令第9号