満州事変から太平洋戦争までの
滋賀県民一人ひとりの戦争体験および当時の資料等を紹介しているサイトです

しがけんバーチャル祈念館

戦争体験談・資料提供のお願い戦争体験談・資料提供のお願い

HOMEHOMEはじめにはじめに展示室展示室ライブラリーライブラリー平和学習支援平和学習支援貸し出し資料施設概要イベント情報施設概要イベント情報

HOME > 展示室 > 個人体験談【中村有里さん】

個人展示「戦場・戦地の人々」

軍隊で中国語の通訳をしていた夫と結婚、満州へ

-有里さんが、初めて語った731部隊の話-
中村 有里さん (大正7年生まれ 大津市)

「今、初めて言うんです。日本は本当に酷いことをしました。私ももう90歳ですからね、死んだら話せませんからね。」と言う有里さん。

昭和16年1月、有里さんは、731部隊の軍属として中国語の通訳をしていたご主人と結婚し、満州の哈爾濱(ハルピン)に渡りました。

「初めは主人がどんな仕事をしてるのか、知りませんでした。だけど、なんとなくわかってました。主人の様子と世間の噂でね。」

有里さんの夫が所属していた731部隊とは、細菌・化学戦研究の為に生体解剖などを行ったとされている部隊で、中国人政治犯など約3,000人をマルタと称して人体実験に使い、死なせた、と言われています。

有里さんは「主人の仕事はマルタを連行することと、その通訳だったと思う」と当時を振り返り、そして、有里さん自身も「731部隊の縫製工場で、マルタに着せるズボンと上着を縫っていました」と言います。倉庫には、人体実験の犠牲者の数をあらわすかのように、有里さん達がつくった洋服が積み上げてあったそうです。

昭和18年、夫の転属命令と共に有里さんは731部隊のあった哈爾濱を後にし、新京に移動しました。一家は、何不自由のない生活を送っていましたが、終戦を迎え、一夜にして生活は一変しました。夫はシベリアに抑留され、有里さんは幼な子を抱えての難民生活を余儀なくされました。

有里さんが日本に帰ってきたのは、昭和21年7月でした。






当時の家族写真
(ご主人、妹さん、有里さん、娘さん)

県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」県民の戦争体験冊子「戦争なんか大キライ」

■お問い合わせ■
滋 賀 県 平 和 祈 念 館 は こちら

滋賀県
東近江市下中野町431番地