ひきこもり支援センター

ひきこもりに悩んでいるご本人及びそのご家族からの相談に適切に対処できるよう、平成22年4月から精神保健福祉センター内に「ひきこもり支援センター」を設置しております。

ひきこもりとは…

厚生労働省の定義などを参考にすると、自宅にひきこもって学校や仕事に行かずに、家族以外との親密な対人関係がない状態が6ヶ月以上続いている状態を指します。
「ひきこもり」状態になる要因はさまざまで、精神疾患が影響している場合もあれば、取り立てて原因といえるものが見つからない場合もあります。

お知らせ

ひきこもり家族学習会を10回にわたり開催します。(事前申し込み要。)

おもな取り組み

個別相談

対象本人、家族、関係者

※相談対象年齢は、おおむね15歳以上です。
個人の秘密は固く守ります。内容に応じて他の機関を紹介することもあります。

相談の方法

  • 電話による相談
  • 面接による相談(予約制)

※ご希望される場合には、事前に電話にて予約をお願いします。相談は無料です

相談電話番号 077-567-5058
相談日 平日(月曜日~金曜日)※ただし祝日、年末年始は除く
相談時間 午前9時00分 ~ 午後4時00分まで

当事者交流会

家族学習会

同じ悩みを持つ家族が集い、互いに支え合いながら、ひきこもりについての正しい知識を学び、家族の関わり方を考える会です。

  • 15歳以上のひきこもりの子どもさんを支えるご家族が対象です。。
  • 参加を希望される方は、ひきこもり支援センターまでお問い合わせください。

体験活動グループ

Unwind

ほっこりリラックスしてすごせる場になればという思いを込めています。

作業しませんか

作業を通して活動をしています。みんなで少し仕事的な体験ができればと考えています。

その他、様々なグループを企画しています。参加を希望される方は、まず電話による申込みをお願いします。

団体支援

社会的ひきこもり親の会(とまとの会)

20歳以上の社会的ひきこもりの子を持つ親の会です。情報交換、親の関わり方、将来のことなどを気楽に相談し合える場です。

  • 参加を希望される方は、事務局:ひきこもり支援センター(電話077-567-5058)まで、ご相談ください。

とまとの会ホームページ http://heartland.geocities.jp/tomatonokai2006/

その他事業

研修会の実施と普及啓発

ひきこもり本人や家族を支援する関係者等を対象に、ひきこもりに関する理解を深めることを目的とした研修会を開催

連絡調整会議の開催

有効な連携ができるように、医療・保健・福祉・教育・労働等の関係機関からなる連絡会議を開催

お問い合わせ

滋賀県立精神保健福祉センター 
電話番号:077-567-5058
FAX番号:077-566-5370
メールアドレス:ec10@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」