文字サイズ

滋賀県多職種連携学会(旧滋賀県連携リハビリテーション学会)

【目的】

 保健・医療・福祉・就労・教育等様々な分野にかかる関係従事者と当事者や家族が一堂に会し、研究発表や意見交換、講演会などを実施することで新たな知識を得る機会とします。また、多職種による協働実践の報告の場として、より一層、本県における質の高い連携、またはリハビリテーション活動へと発展することを目的に研究大会を開催します。

【学会名称の変更について】

 滋賀県連携リハビリテーション学会は、平成28年3月より『多職種連携学会』と名称を変更することとしました。これまでの滋賀県連携リハビリテーション学会の趣旨を引継ぎつつも、連携を更に重要視し、これまで以上に有機的なネットワークを広げるために、更なる前進を図ります。詳しくは、下記の資料をご覧ください。

第5回滋賀県多職種連携学会研究大会

第5回滋賀県多職種連携学会研究大会開催概要

参加申込を受け付けています!!

質問受付期間は11月1日から11月14日までです!

第5回滋賀県多職種連携学会研究大会案内チラシ(別ウィンドウで開く)
学会申込QRコード

第5回滋賀県多職種連携学会研究大会をオンライン開催します。

会 期 : 令和2年11月1日から12月21日

※期間中であればいつでも視聴可能です(質問の受付期間は11月1日~11月14日)。

会 場 : オンライン開催(YouTube)

主 催 : 滋賀県多職種連携学会

テーマ : 新型コロナウイルス感染症予防対策と多職種連携

内 容 :

特別講演

テーマ : 「リハビリテーション病院での新型コロナウイルス感染症患者発生の経験から」

講 師 : 平田 好文 氏(熊本詫間麻台リハビリテーション病院 理事長)

教育講演

テーマ : 「滋賀県内での感染予防対策の取り組み」

基調講演2ー1 : 「現場で使える!感染予防対策」

講 師 : 鈴木 智之 氏(滋賀県衛生科学センター 主任主査 実地疫学専門家)

基調講演2-2 : 「感染症対応における連携~介護と行政~」

講 師 : 吉村 明浩 氏(南部介護サービス事業者協議会 監事)

基調講演2-3 : 「感染症発生時に備えた取り組み~地域自立支援協議会の協議を通して~」

講 師 : 北川 紘久 氏(甲賀市・湖南市障がい者基幹相談支援センター)

学会長 : 一般社団法人滋賀県医師会 会長 越智眞一 氏

大会長:一般社団法人滋賀県病院協会 理事 鈴木聡 氏

大会事務局 : 滋賀県立リハビリテーションセンター

研究大会への参加申込について

参加費:オンライン視聴 1人 1,000円

申込方法:下記のQRコードよりお申し込み下さい(https://5shigatasyokusyu.peatix.com/)

※お申し込みいただいたメールアドレスに、YouTubeの視聴アドレスを後日送信させていただきます。なお、返金は不可とさせていただきます。

申込QRコード

協賛金・協賛広告の募集について

滋賀県多職種連携学会研究大会では、大会開催の趣旨にご賛同いただける個人・企業・団体の皆様方から、協賛金・協賛広告の応募をお待ちしております。

ご賛同いただける場合は、下記の協賛募集要項に従って、ご応募いただけますようお願いいたします。

演題募集について

第5回大会は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から演題発表のプログラムを設けておりません。

ご準備いただいておりました方々におかれましては、次回大会以降での発表をご検討いただきますようお願いいたします。

これまでの学会(報告書)

お問い合わせ
リハビリテーションセンター 事業推進係
電話番号:077-582-8157
FAX番号:077-582-5726
メールアドレス:eg3001@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。