古物営業許可をお持ちの方へ(改正古物営業法の概要等について)

平成30年4月25日、古物営業法の一部を改正する法律が公布され、平成30年10月24日に同法律の一部が施行されました。
改正された主な内容についてこちらをご覧ください↓

現に古物営業の許可を受けられている方への重要なお知らせ

令和2年4月1日に古物営業法の一部が改正施行されることにより、現行の古物商許可を受けている方(個人・法人)は、主たる営業所を管轄する警察署へ『主たる営業所等届出書』を提出していただくことになっています。(ただし、令和2年3月31日をもって古物商を営まない方は対象外です。)

 この『主たる営業所等届出書』をご提出いただかないと、令和2年4月1日以降、新法(改正古物営業法)による古物営業許可が失効します。

県警本部生活安全企画課では、上記届出を促すため、通知はがき(下記PDFファイル参照)を県内の古物商へ送付しております。

同はがきをご確認いただき、営業許可証、印鑑(個人は認印、法人は法人印)をお持ちの上で、管轄する警察署窓口でお手続きをしていただきますようお願いします。

すでに『主たる営業所等届出書』をご提出いただいた方は、参考としてください。

※平成30年10月24日以降、同年4月30日までの間に、『主たる営業所等届出書』を提出された方の中で、許可証の備考欄に「主たる営業所等届出書提出済」の記載がない方については、大変お手数ですが、許可証を持参の上で、届出書を提出した警察署へお越しいただきますようお願いします。


『主たる営業所等届出書』の様式等については、下記ファイルをご確認ください。

詳しくは警察署生活安全課若しくは滋賀県警察本部生活安全企画課にお尋ね下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」