銃砲刀剣類所持等取締法の一部改正について

クロスボウは所持禁止になります

現在、クロスボウをお持ちの方へ

 期限が迫っていますので、注意してください。

 令和4年9月14日までに廃棄する、所持許可申請をする等の措置を執らなかった場合、銃砲刀剣類所持等取締法違反(不法所持)となります。クロスボウの廃棄を希望される方は、住所地を管轄する警察署の生活安全課へお持ちください。無償で引き取り致します。

※引き取りの際には身分証明書が必要になります。

 令和3年6月16日に、銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律が公布され、令和4年3月15日から施行されています。施行日以降は、クロスボウの所持が原則禁止され、許可制となります。

 改正法の施行後、クロスボウを不法に所持した場合、罪に問われます(3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)。施行日から6か月間は経過期間となり、経過期間終了後の令和4年9月15日以降に許可なくクロスボウを所持している場合は、銃砲刀剣類所持等取締法違反(不法所持)となりますので、注意してください。

 詳細はこちらをご覧ください(警察庁ホームページへ)

引取対象

・クロスボウ本体

・クロスボウの部品(弦・滑車・固定装置等)

・矢

・その他関係物品

お問い合わせ
警察本部 生活安全企画課
電話番号:077-522-1231
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」