新型コロナウイルスに便乗した犯罪に注意!

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念されますが、これに便乗した様々な犯罪やその予兆となる事案が他府県や県内で発生しております。

非常事態のときですが、落ち着いた行動をとっていただき、また被害に遭わないように事前の防犯対策をお願いします。

特殊詐欺などの被害

特別定額給付金関連

政府において特別定額給付金の交付が決定されましたが、これに便乗した詐欺に注意してください。

いくつか事例を紹介しますので参考にしてください。

【政府職員や市役所職員を名乗る手口(電話)】

事例1

「コロナウイルスに関するアンケートを採っています。貯金は1千万円以上ありますか?」

個人情報を聞き出す

事例2

「一律に支給される10万円を振込む口座番号と暗証番号を教えて欲しい。」

個人情報を聞き出す

事例3

「給付金を受け取るため、キャッシュカードを自宅に訪れる担当者に渡してほしい」

キャッシュカードをだまし取る

【携帯電話会社を装う手口(メール)】

「特別定額給付金の申請のお知らせ」「申請はインターネットアドレスにアクセスしてください」

というメールを送り付けて偽サイトに誘導する

IDやパスワードなど重要な個人情報を盗まれる

特別定額給付金に関するお知らせについては、総務省や市町の公式HPを確認するようにしてください。

その他の交付金制度についても、公的なHPなどを確認して、決してだまされないようしてください。

その他を理由とした特殊詐欺

【息子を名乗る手口(電話)】

「マスクがあるけど欲しい?」と電話をかけ被害者を信用させる。

→さらに「脱税でお金が必要となった」などのだまし文句で現金をだまし取る

悪質商法関係

新型コロナウイルス感染に対する不安感をあおり、不要な工事などを受注しようとすることや、マスク不足に便乗した送り付け商法に気をつけてください。

こちらもいくつか事例を紹介します。

事例1

自宅に訪れてきた者

「水道管にコロナウイルスが付着しています」

「水道管にコロナウイルスが付着しているかどうか確認させてください」

うその事実を告げて不安をあおり不要な工事を受注する

事例2

自宅に注文した覚えのないマスクが送られてくる

後に高額な請求をされる

事例3

自宅や事業者に「マスクを販売する」というFAXが送られてくる

現金だけを振り込ませ、商品を送らない

粗悪な商品が届く

侵入窃盗被害(自宅や店舗に入る窃盗事件)

休業中や営業時間短縮中の店舗や事務所を狙った窃盗事件

コロナウイルス感染症の拡大防止に配意して店舗を休業されたり、営業時間を短縮しておられるところもありますが、こういった状況を狙う窃盗犯人がいますので気をつけてください。

〇扉、窓は必ずカギをかけてください。

〇センサーライト、警報機などの防犯機器を活用してください。

〇定期的な見回りをしてください。

〇現金や貴重品などを置かないようにしてください。

子どもだけが在宅中の空き巣被害に注意

学校が休校となっており、やむを得ず子どもだけが自宅に在宅する機会も多くなると思います。

万が一、空き巣犯人が自宅に入ってきた場合、子どもと鉢合わせになり、凶悪事件に発展する恐れもありますので、子どもへの防犯教育をお願いします。

〇できる限り子どものみを在宅させないように努力する。

万が一在宅させる場合でも

・在宅中であっても玄関、窓には、必ずカギをかける

・大人も在宅していると思えるように、テレビやラジオ等でニュースや音楽を流しておく

・子どもに来訪者の対応要領の指導

などをお願いします。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」