サイバー攻撃による情報流出の事例紹介

サイバー攻撃によって個人情報等の重要な情報が流出する事案が発生しています。

個人情報の流出は、事業活動に大きな影響を及ぼすため、それぞれ厳格に管理されていますが、最近のサイバー攻撃は、高度化しており警戒する必要があります。

最近のサイバー攻撃による情報流出の事例

今年上半期に、公表された主なサイバー攻撃よる情報流出の事案

インターネットに公表された個人情報流出事案(2021年上半期)

システムの脆弱性対策

  • システムの脆弱性が悪用されて、不正にアクセスされるケースが発生しています。
  • 脆弱性は、プログラム上の不備であり通常使用には影響を及ぼさないものが多いですが、第三者が悪意を持って不備を利用することで、システムから情報を抜き取ることができる場合があります。
  • 特に、オンラインショップや予約サイト等利用者が文字を入力する仕組みを持つWebサービス(システム)は、攻撃の入り口となる側面がありますので、このようなサービスを提供している場合は注意が必要です。

脆弱性の対策は、脆弱性が発見された場合に「パッチ」と呼ばれる修復プログラムを適用することです。

システム提供者が公開する脆弱性情報に注意して、脆弱性が発見された場合は、早急にパッチを適用するようにしましょう。

お問い合わせ
警察本部 サイバー犯罪対策課
電話番号:077-522-1231
メールアドレス:spc110@police.pref.shiga.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」