サポート詐欺!!

サポート詐欺に要注意!!

インターネット閲覧中にウイルス感染を警告するポップアップ画面が出現し、その画面に記載されている電話番号に連絡すると、ウイルスチェック等を名目に代金を請求されるという「サポート詐欺」の被害が発生しています。


出現するポップアップ画面は、「ウィンドウズセキュリティの重要な警告」と表示されるものや、「ウイルスに感染しました」と音声が流れ、電話番号が表示されるものなど、様々な事例が報告されています。
表示された電話番号に連絡すると、相手にソフトウェアのインストールを勧められ、そのソフトウェアをインストールすると遠隔操作されて、ウイルスチェック名目の代金を支払うケースやいくつかのウイルス対策ソフトウェアの購入プランを勧められ、その購入プランの代金を支払うケースなど、様々な事例が報告されています。
特にギフトカードで支払いを求められるケースが増加しています。
 

サポート詐欺の説明(別ウィンドウで開く)

サポート詐欺の被害に遭わないために!!

  • ポップアップ画面は広告と同じです。画面に表示された電話番号には連絡しないようにしましょう。
  • 相手にソフトウェアのインストールを勧められた場合は、料金が発生する場合がありますので拒否しましょう。
  • ギフトカードで料金の請求をする場合は、詐欺の可能性が高いので拒否しましょう。
  • 正規のウイルス対策ソフトウェアは、電話をかけさせるような警告画面は出現しないので、このような警告画面が出現した場合は、「サポート詐欺」を疑って下さい。
お問い合わせ
警察本部 サイバー犯罪対策課
電話番号:077-522-1231
メールアドレス:spc110@police.pref.shiga.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」