滋賀県サイバーテロ対策協議会第11回総会の開催

令和3年6月21日(月)、県警本部において、県内の重要インフラ事業者等でつくる「滋賀県サイバーテロ対策協議会」の第11回総会を開催しました。

今次総会では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が目前に迫っていることもあり、今後活発化するサイバー攻撃に的確に対応するため、会員事業者のサイバーセキュリティ意識の向上を図りました。

冒頭、協議会会長の加藤理県情報政策課長から、世の中のデジタル化が加速する中、重要インフラ事業者には利用者本位のサービス提供とサイバーセキュリティ対策の両立が求められており、総合的な対策を進めていかなければならないとの御挨拶をいただきました。

また、藤井紀夫警備部首席参事官(警備第一課長事務取扱)から、重要インフラ事業者間のつながりの強化と、サイバー攻撃に対する緊急対処能力の向上を会員の皆様にお願いしました。

総会後、滋賀大学データサイエンス学部から講師を招き、最近のサイバーセキュリティ情勢と具体的事例に基づく対策について講演会を開催し、サイバー攻撃対策に係る情報共有を行いました。

問合せ先
警察本部 警備第一課
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」