滋賀大学におけるサイバー攻撃共同対処訓練の実施

 令和2年7月10日(金)、滋賀県警察サイバー攻撃対策プロジェクト(警備第一課、サイバー犯罪対策課、滋賀県情報通信部情報技術解析課などで構成)は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催を来年に控え、国立大学法人滋賀大学彦根キャンパスにおいて、サイバー攻撃共同対処訓練を実施しました。

 訓練では、大学内の端末がランサムウェアに感染したとの想定で、滋賀大学情報セキュリティインシデント対応チーム(CSIRT)が警察に通報し、インシデント発生状況の把握等を行いました。優先して把握すべき事項や、証拠保全すべき情報の確認など、初動対応要領の習熟を図りました。

 サイバーテロの前兆は、本訓練で想定したようなサイバー攻撃を受けることが多いため、事業者の皆様には、是非ともサイバーセキュリティの取組強化をお願いします!

事情聴取訓練の状況

デジタルフォレンジックの実演

お問い合わせ
警察本部 警備第一課
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」