琵琶湖の漁師 駒井健也さん

漁をしていると、琵琶湖の上で四季を感じられる。 網を揚げる瞬間は宝箱を開けるような感覚です。

琵琶湖の漁師 駒井健也さん

漁獲量の減少や重労働などが原因で、漁業に従事する人は年々減少しています。そんな中、琵琶湖で獲れる魚の味に魅了され、漁師の世界に飛び込んだ若者がいました。魚の種類も知らず、釣りをしたこともない。大学院で建築を学んでいた学生が、どうして漁師を目指すことになったのか。2020 年の冬には漁師として独立予定という、駒井健也さんにお話を伺いました。

釣りもしたことのない学生が、漁師を目指した理由

――漁師の仕事に興味を持ったきっかけは?

漁師になりたいと思ったのは、大学院生の頃です。大学では環境建築デザイン学科に在籍していたので、当時は卒業したら建築事務所で働くものだと思っていました。もともと自然が好きで、高校の部活動として登山をしていたこともあって、地元滋賀県の自然素材を生かして、建築で何かできないかなと考えていました。滋賀県は、山からの水が川を伝って最終的には琵琶湖に流れ込みます。そう考えた時に、滋賀の自然を一番よく知っているのは毎日琵琶湖にいる漁師さんだと気づいたんです。県内の漁港をまわって漁師さんに話を聞き始めると、「仕事にならない」「後継者がいない」という言葉が出てきました。それを聞いた時、日本一の琵琶湖固有の仕事がなくなりつつあり、生活が続かない中で、いくら地域に根差した建築物の提案だけをしても意味がないなと感じたんです。そうした思いから、琵琶湖の暮らしを魅力的に発信することで仕事を作り、琵琶湖モデルの建築が考えられたら、と思ったのが、漁業に興味を持ったきっかけでした。

――本格的に漁師を目指し始めたのは、なにか理由があったのでしょうか。

僕は滋賀県で生まれ育ちましたが、琵琶湖の魚だと認識して食べたことも、釣りをしたこともありませんでした。眺めたり泳いだりする対象としての琵琶湖に惹かれ始めた頃、滋賀のブランドを体験するモニターツアーに参加する機会があり、そこで初めてビワマスの刺身やホンモロコの素焼きなどを食べて、その美味しさに衝撃を受けました。「漁師になって、この美味しさをたくさんの人に届けたい」。建築で滋賀県を何とかしたいという思いが、琵琶湖の漁師になりたい、に変わった瞬間でした。

――初めて漁を体験された時のことを聞かせてください。

漁師になりたいと思っても、当時の僕にはつても何もありません。いろいろ考えたあげく、琵琶湖でいちばん漁獲量が多い漁港に行って「漁師になりたいので船に乗せてもらえませんか?」と頼むことにしました。相手は見ず知らずの漁師さん、当然、断られます。粘りに粘ってやっと「いいよ」と言ってもらえたのは、通い始めて2 ヶ月が経った頃でした。この日のことは、今でも鮮明に覚えています。まず、夜の琵琶湖を体験するの自体が初めてです。まっ暗な琵琶湖に船が何艘も浮いていて、「夜中の琵琶湖で、こんなにたくさんの人が活動しているんだ」と驚きました。その時見せてもらったのはアユの刺し網漁で、引き揚げた網に刺さったたくさんのアユを、漁師さん夫婦が両側から息を合わせてはたき落としていきます。夫婦で漁をする意味ってこういうところなんだなと感じましたし、自然と生活リズムを合わせながら生きる漁師さんの暮らしを目の当たりにして、憧れだった思いが「絶対に漁師になる」に変わったのはこの時でした。

親方との出会い、漁に出る楽しみ

――今の親方との出会いは?

滋賀県内の漁港をめぐって「琵琶湖ではどんな漁法でどんな魚が獲れるのか?」と、いろんな方と話すうちに、漁師としてやっていくには、しっかり生計を立てられそうな漁法を選ぶのがまず第一だな、と考えるようになりました。10 種類ほどの漁法を現場で見学させていただきながら、これだと行き着いたのが、魞漁(エリ漁)です。しかし、魞漁を始めるには家一軒分程の初期投資が必要だと分かり、学生時代にお世話になった漁港の事務局に「魞漁をしたいのですが、もうすぐ引退する方がいれば弟子入りさせてもらえないですか?」と当てを探し、漁師になりたいと思い始めてから1 年ほど経ってめぐり会えたのが今の親方です。何度か一緒に漁に行かせてもらって、迷いはなく、独立に必要な3 年間の研修を受けさせてもらうことになりました。

――今、駒井さんはどんな漁をされているのですか?

今は親方のもとで、魞漁を専門にやっています。魞漁は、杭と網で作った迷路のような仕掛けで魚を獲る琵琶湖の伝統的な漁法。僕がいる和邇漁港の漁師さんはみんな魞漁でアユを獲って生活しています。僕は魞漁を始めて3年目ですが、季節によってこんなにも違った種類の魚がいることに驚いています。冬にはアユと一緒にビワマスやウナギが獲れたり。アユも季節に応じて成長し、100 キロ以上がひとつの網に入っていることもあるので、毎日が宝箱を開けているような感覚です。1 年の中では12 月が一番、稚アユであるヒウオが獲れるのですが、その時期に、低くはない年収の何割かの漁獲高が確保できるので、魞漁だけで生活できるのがこの地域の特徴です。禁漁期間が4 ヶ月あってその間に網のメンテナンスをするのが恒例ですが、ゆくゆくはその期間を上手く使って他の漁法にも挑戦できたらと思っています。漁はすごく楽しいです。魞も続けたいし、ビワマスを獲りに沖にも出たい。琵琶湖は漁法の博物館といわれるほど多くの漁法が伝えられていて、まだまだやってみたいことがたくさんあります。

漁師になったから思う、伝えたいこと

――漁の他にはどんな活動をされているのでしょう?

琵琶湖漁業の漁獲量のうち、半分以上を占めるアユは季節によって価格がかなり変動する魚です。水揚げ量が多い6~7 月には問屋さんもさばき切れないほど獲れるので、単価がどんどん下がってしまうことに漁業者はずっと悩まされてきました。そこで、この時期のアユを使った加工食品を販売することで問題を解決できないかと思い、大学の先生や食の専門家などが協力して開発されたのがこれらの商品です。アユの他にもニゴイやウロリなどが活用されていて、それぞれの魚が抱えている問題解決のため、また琵琶湖の魚を広く知ってもらうためのお土産として開発が進められています。僕は今、これらの商品をプロモーションするだけの立場ですが、今後は魚を知る漁師として、原魚供給や開発にも協力できたらいいなと思っています。

――これから挑戦してみたいことはありますか?

今は午前中は漁に出て、午後からは官公庁や地方自治体から仕事を請け、農林水産業に関する調査、研究、コンサルティングのサポートを行う会社でも働いています。実は、琵琶湖の魚は流通経路がほぼ固定されていて、例えば新商品を開発したいと思っても、魚を手に入れること自体が難しいんです。だから琵琶湖の漁に出ながら、同時に会社でも働き経験を積むことで、そういった問題を解決する手段の一つとして、自分が獲った魚を付加価値をつけて提供し、組合や琵琶湖全体でも汎用できる仕組みが作れないかを考えています。

将来は、琵琶湖での暮らしを伝える民泊をつくりたいと思っています。漁をするようになって良かったなと思うのは、朝早く漁に出て琵琶湖の上で朝日を見ながら朝ごはんを食べて、魚を水揚げしたらお昼までには家に戻り、漁で余った魚を昼ごはんに食べて、昼から他の仕事にすっきりした状態で臨めること。民泊を通じて、そんな琵琶湖と共にある暮らしの喜びを、僕だけではなく他の方にも味わってもらい、琵琶湖をまるごと体験してもらえるようなことをしたいですね。