日本救急医学会認定ICLSコースを実施

平成24年12月8日(土曜日)、日本救急医学会認定のICLSコースを開催しました。

ICLSは、心肺停止に対応する心肺蘇生術の実技研修コースのことで、当院では初めての開催になります。受講生は医療従事者で、OLSA(おうみライフサポート協会)に所属する当院および県内の救急病院の医師、コメディカルおよび消防署の救急救命士がインストラクターを勤めました。

当日は朝から夕方まで、日本救急医学会のプログラムに沿って、当院の外来スペースを使用し、蘇生実習用人形を使ったシミュレーション研修を実施しました。フェイスシールドを利用したBLS(基本的心肺蘇生術)、フェイスマスクとAEDを使用したBLS、窒息の対処、回復体位などへの体位変換、挿管を含んだ気道管理、電気的除細動を含んだモニター管理、シナリオベースのICLSシミュレーション研修などを行い、受講生全員に日本救急医学会認定の受講証が交付されました。

ICLS講習会の様子

詳細情報

参加施設数:10施設

受講者数

職種別
職種 人数
医師 4名
歯科医師 1名
臨床工学技士 2名
看護師 17名
合計 24名
施設別
施設 人数
県立滋賀県立総合病院 8名
県立小児医療センター 2名
県立精神医療センター 2名
他病院 12名
合計 24名
  • コースディレクター 滋賀県立総合病院救急部長 小菅邦彦
  • コースコーディネーター 滋賀県立総合病院看護部 中村笑美
  • インストラクター・タスク45名

ICLSコースは滋賀県の救急医療の向上と救急関連の医療従事者の交流に貢献し、当院の救急対応レベルの向上に繋がります。今回の経験をもとに次年度も継続して開催していきたいと考えています。

◇本件に関する詳細な問い合わせ先:滋賀県立総合病院救急部