高校生一日看護体験を実施しました

2019724日(水)に高校生一日看護体験を実施しました。
毎年、滋賀県ナースセンターの主催で、自分の将来の道として「看護職」を考えている高校生に、看護に対する知識と理解を深めてもらうため実施しています。
今年度は、県内14の高校から35名が参加がありました。

看護師の仕事
看護部長から病院や看護部について、先輩看護師からは看護の魅力についての話を伺いました。

午前中は各病棟に分かれ、看護体験を見学し、シミュレーターを使って採血体験も行いました。
午後からは、HCUICU手術室、放射線治療棟、リハビリ、MEセンターなどに見学に行きました。

高校生からは、
「実際の看護師の仕事や多職種のこと、院内のことをたくさん知ることが出来た。」
「患者さんの気持ちになり体験できてよかった。」
「看護師になりたいという思いがさらに強くなった。」
「必ず看護師になって戻ってきたい。」
というような、とても前向きで力強い意見をもらいました。
の世代の看護師を目指す人たちに、看護のすばらしさが伝わり、看護職への進路選択の一助となったのではないかと思います。