文字サイズ

新型コロナウイルス感染症の院内感染の発生について(2022年2月25日)

 2月20日(日)に発生した新型コロナウイルス感染症の院内感染に伴い、当該病棟に入院している患者1名と関係職員5名について、新たに陽性であることが判明しました。

 前回までの発表分と合わせて、当該病棟に係る現在の感染者数は25名(患者17名、職員8名)となりました。

 また、上記とは別の病棟において、患者および職員に検査を実施したところ、新たに9名(患者5名、職員4名)について、陽性であることが判明しました。

 これにより、病院全体の院内感染における現在の感染者数は34名(患者22名、職員12名)となりました。今後も引き続き必要な検査を実施するとともに、感染対策を徹底して参ります。

 なお、診療への影響については、両病棟における新規入院患者の受入を当面の間、停止することから、延期が可能な入院や手術に限り、当面延期することとします。外来診療については勤務可能な職員の状況を踏まえながら可能な限り通常どおり行います。

 

病院長 一山 智