滋賀県立総合病院における画像診断報告書調査結果について

調査結果および事案の概要

1 調査結果

(1)調査対象
 2014年1月1日から2019年12月31日までに実施したCT検査、MRI検査、PET検査および胸部単純レントゲン検査における画像診断報告書(227,174件)。 

(2)調査方法
 検査を依頼した診療科において、画像診断報告書について適切に対応されているか調査しました。

(3)調査実施期間
 2019年6月から2020年2月まで。

(4)調査結果
 調査の結果、2014年当時、画像診断報告書を確認していなかったため、10か月の診断の遅れを招き、適切な治療機会を逸した事案が1件判明しました。
 

2 事案の概要

(1)患者様
 60歳代(2017年時点) 男性 

(2)経過
 2014年 悪性腫瘍を疑わせるCT検査の画像診断報告書の記載があったにも
  かかわらず、医師がこれを確認していなかったため、診断および治療が10
  月遅れました。

 2015年 受診の際に悪性腫瘍と診断され、以後、当院で治療されました。

 2017年 患者様がご逝去されました。

(3)今後の対応
 ご遺族に対して病院として誠意をもって対応します。
 10か月の診断の遅れが患者様の予後に与えた影響については、医療事故調査等支援団体の支援をいただきながら、評価します。